肉離れの治療①

2017年08月23日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

最近、肉離れや捻挫のお問い合わせが多いです(^^;)

夏の初めにも肉離れしてしまった患者さんが何人も来院されて、今の時期に良くなって、スポーツ復帰できたと思ったら、次の肉離れの波が、、、

部活の合宿や運動により、肉離れや捻挫などのスポーツ外傷が増えてきているので、まずは肉離れのお話します!

肉離れの治療①

肉離れの分類については、以前、ブログに投稿しましたが、軽くおさらいします。

・1型損傷(軽度)  腱や筋膜には損傷がなく、筋肉内または筋間の損傷と
           出血。

・2型損傷(中等度) 筋腱移行部(筋肉から腱につながるところ)の損傷。
           完全断裂や裂離骨折はしていない。

・3型損傷(重度)  筋肉や腱の完全断裂または骨への付着部の裂離

 

詳しくはこちらをどうぞ!⇒ 公式ブログ 「肉離れについて①」http://yamada-sekkotsu.com/blog/%E8%82%89%E9%9B%A2%E3%82%8C%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%80%E3%81%9D%E3%81%AE%E2%91%A0/

 

1型はスポーツ復帰まで1~2週間、2型で1~3か月、3型で3か月以上です。

今回のお話はこのスポーツ復帰までにやるべきことです。

ただ回復を待っているだけなんて、めっちゃもったいないです!!(>_<)

肉離れしてしまった時にどういう考え方をするべきなのか?

どのように治療期間を過ごしていくべきなのか?

回復を促すことの他にもやれることはたくさんあります。

 

 

あなたは肉離れする前より良い状態でスポーツ復帰したくありませんか?

パフォーマンス上げたいですよね?

再発も防ぎたいですよね?

やまだ接骨院に来院された肉離れの2型損傷を例に受傷後からスポーツ復帰までの道のりを見ていきましょう!

肉離れ② に続く

 

横浜市港南区上大岡やまだ接骨院では、肉離れ、捻挫、打撲など、スポーツ外傷に対して、治療からスポーツ復帰までを計画的に行っていきます。

肉離れがなかなか治らない、再発しそうな怖さがある、そんなお悩みがありましたら、一度やまだ接骨院までご相談ください(^_^)

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

 

夜眠れない、、

2017年08月22日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

タイトル見て感じたと思いますが、「夜眠れない」のは私ではありません(^^;)

患者さんの中には、夜眠れなくて辛い思いをされている方がいます。

そんな時に頼るのが、「睡眠薬」や「誘眠剤」です。

先日、「睡眠薬」で怖い思いをされた患者さんがいたので、お話します。

夜眠れない、、、あなたはどう対処しますか?

「睡眠」は、健康を維持するために欠かせない要素の一つです。

他の何かで補えるものではありません。

そんな大事な睡眠が十分にとれなかったら、誰でもストレスに感じますよね(+_+)

そこで出てくるものが「睡眠薬」です。

 

誤解がないように始めに言っておきますが、「睡眠薬」が絶対ダメとは思ってません。

ただ、使用方法や「睡眠」について理解したうえで適切に使用してほしいと思っています。

 

先日、やまだ接骨院に来院された患者さんで、階段で転倒して、尻もちをついて、臀部と腰、足の指を傷めてしまった方がいました。

転倒してしまった時の状況を伺うと、返答があいまいだったので、咄嗟の出来事だったので覚えていないのかな?と思ったら、「睡眠薬」を服用したとのことでした。

最近、諸事情でストレスから睡眠不足だったので、医師に許容量を確認して、いつも1錠のところを2錠服用したそうです。

それでも、ほとんど記憶が無いくらいに効いてしまって、転倒時の状況が分からず、転倒後の状態をご家族から聞いて、転んだということが分かったそうです。

 

この状況、すごく怖いですよね。

もし、階段で転んだ時に後ろに転げ落ちていたら、ケガでは済まなかったかもしれません。

 

睡眠は食事や生活リズム、体温など様々な要素で「寝つき」や「質」が決まります。

前述しましたが、「睡眠」は健康維持のために欠かせないものです。

まずは、眠れない理由、原因を考えて、それらを改善することが第一だと思います。

これらの要素を改善して、それでも眠れない、もしくは事情で改善できない場合は「睡眠薬」を服用することは仕方ないと思います。

 

ただ、そこには「リスク」があるということを忘れないでください。

食事や体温(入浴)などは、比較的改善しやすいかと思いますので、出来ることから少しずつ変えていきましょう。

 

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院ではケガや不調に対して、栄養面などからもアドバイスさせて頂いております。

不眠で悩まれている方は、身体の状態や神経、胃腸の問題が考えられます。
一度、やまだ接骨院までご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

肩の痛み(40肩・50肩)

2017年08月21日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

先日、ヶ月以上も肩が痛くて、夜眠れないという患者さんが来院されました(>_<)

2ヶ月って、、、

しかも、その前は反対の肩が痛くて挙がらなかったそうです(+_+)

もう踏んだり蹴ったりですよね。

病院で痛み止めの注射などの処置をしてもらったが、あまり変わらなかったため、放置していたそうです。

こんなことが原因で肩が傷んでいて、こんな処置で痛みが変化することもあるということを知ってもらえたら、放置しなくて済むかと思いますので、今回は肩痛(40肩・50肩)のお話です。

肩痛(40肩・50肩)

やまだ接骨院に来院された症例を元にお話します。

50代 男性 横浜市在住 肩が挙がらない 夜間痛 

1年半、左肩の痛みと挙上制限に悩まされ、回復したと思ったら今度は右肩に激痛。

肩を挙げることが出来ず、夜も痛くて眠れない状態が2ヶ月続いている。

 

もう聞くだけで辛いのが伝わってきますよね(T_T)

では、この患者さんの場合、何が痛みを出していたかというと「関節」と「筋肉」です。

この2か所に症状が認められました。

安静にしてても痛みがある状態で、症状がある「関節」と「筋肉」を直接触ったら痛いですよね。

こんな状態の時は、まず患部を処置するのではなく、患部に負担をかける他の箇所を処置します。

 

この時は身体全体を確認させてもらって、肩に負担をかける原因が「骨盤」と「背骨」にあったので、「背骨」と「骨盤」を施術することで、肩の痛みと挙上制限が改善しました。

痛いときに何も患部だけを触ることが治療ではありませんし、痛み止めを打たなくても「痛み」を軽減させることはできます。

病院や整形外科で処置されても症状変わらないからと放置してしまう前に、一度やまだ接骨院までご相談ください。

痛いところをマッサージするだけが治療ではありません。

身体の状態に合わせて、必要な処置をしっかり行っていきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

試合観戦!

2017年08月20日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

日曜日に患者さんの試合観戦行ってきました(^O^)

しかも、バレーと硬式野球の2本立て(笑)

やっぱり実際にプレーしている姿を見ると、色々と確認できるし、発見がありますね!

 

やまだ接骨院に来院された患者さん(選手)には、その場でどんな動作をしたら痛みが出るのか、出来る場合は必ずやってもらうのですが、あくまで再現なので試合などの「本気」のプレーには遠く及びません。

 

なるべくなら自分の眼で見て確認するのが一番なのですが、チームメイトやご家族にお願いして、試合中の様子を動画に撮って頂いたりしてます。

動画を確認するだけでも気づくところは出てきますが、試合観戦は

あそこの筋肉がもう少し強ければ負担が減るなーとか、あの関節の柔軟性があればパフォーマンスアップできるなー、などやっぱり発見がありました。(^_^)

実際に見るって本当に大事ですよね(^^;)

野球の投球フォームやバッティングフォームも、試合で投げる、打席で打つとなると全然違います。

改めて、実際に見ることの重要性が確認できました。

ただ、不器用なので、そういう見方すると、試合の内容とか経過が気にならなくなっちゃうんですよね(笑)

私の場合は試合観戦を楽しむ時には分析と同時は出来ないです。( ̄▽ ̄)

でも、患者さんがホームラン打ったのはしっかり覚えています!(≧▽≦)

 

見学させて頂いた皆様、ありがとうございました!!

 

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院では野球を始め、他のスポーツの動作解析も行っております。
もっと上手くなりたい!コンディションをしっかり整えたい!という方は、一度ご相談ください(^_^)

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

足の捻挫、湿布や固定より大事なこと

2017年08月20日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

今回は足の捻挫の際に起こる、靱帯損傷以外の状態についてお話します。

靱帯の役割をしっかり理解すると、靱帯損傷の際に起きることが推測しやすいと思います。

靱帯の役割とは?

「強靭な結合組織の短い束で、と骨を繋ぎ関節を形作る。主成分は長いコラーゲン線維である。靭帯には関節の可動域を制限する働きもある。」(Wikipedia)

要約する必要もないくらい、本当このままですね(^^;)

 

では、関節の可動域を制限する靱帯を傷めた場合、どうなるかも想像できますよね?

関節の可動域を制限できないのですから、当然、骨がズレます。

完全断裂しない限り、骨が外れる「脱臼」まではいきませんが、でも本来あるべき位置からはズレます。

(余談ですが、逆に言うと「完全脱臼」は靱帯の完全断裂を必ず伴います。)

 

足首を捻挫した際は、まずアイシングと固定が基本の処置ですが、捻挫して靱帯が傷つく(≠骨がズレている)状態で固定しても、あまり有効ではありません。

固定する前に骨・関節の位置関係を元の状態に戻さないといけないんです。

意外とこの処置はしていないことが多いです。

 

全ての捻挫に骨のズレが生じるわけではありませんが、内出血して青あざになる程の損傷なら、大体ズレがあります。

もし捻挫したのに湿布とサポーターや包帯だけの処置だったら、回復が遅くなる可能性がありますので、一度確認することをお勧めします。(>_<)

 

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院では足の捻挫、靱帯損傷、打撲、肉離れなどのケガに対して、適切に処置させていただいております。

ケガは放置すると悪化していきますので、なるべくお早めにご来院ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

 

 

長時間座っていた時の膝の痛みの対処法

2017年08月18日

こんにちは!

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

今回は膝痛のお話です。

膝痛といっても、オスグッドや変形性膝関節症、ランナーズニーにジャンパーズニーなどなど、、、

かなり種類があります。

お盆期間や夏休みに旅行に行かれた方は、車の運転や電車による長距離移動で、座っていたら膝が痛くなったなんてことがあったと思います。

そんな時の簡単な対処法があったらいいですよね?

とゆーわけで、テーマは、、

長時間座っていた時の膝痛の対処法

最初にもお話ししましたが、膝痛にはオスグッドや変形性膝関節症、ランナーズニーにジャンパーズニーなど色々なものがあります。

では、長時間座っていて膝の痛みを感じるものはどんな「膝痛」かというと、

お皿の周りの痛みです。

 

膝のお皿のことを「膝蓋骨」と言い、ももの骨(大腿骨)の上をスライドするように関節になっています。

また、太ももの前の筋肉が膝蓋骨を覆うようにして、すねの骨に付くので、膝の歯車のような役割があると言われています。

 

仮に太ももの前の筋肉が硬くなると、膝蓋骨を大腿骨に押し付けるようになってしまうので、お皿の周りに痛みを感じます。

これが長時間座っていて、感じる痛みの正体です。

 

長い時間同じ姿勢で座っているので、どうしても筋肉は硬直します。

上半身はまだ動かせますが、下半身はスペースも狭く、動かしにくいので特に固まりやすいです。

硬くなってしまった場合の対処法は、とにかく動かすこと。

それも膝だけではなく、足首や股関節などの周りの関節もよく動かすことです。

車の運転等で動かせない場合は、ももの前や膝の裏側を軽くさする様にしてください。
(強く押すと痛くなってしまうことがあるのでご注意ください)

 

また、可能であれば体勢をどんどん変えてください。

同じ姿勢でいることで身体は固まるので、予防するために10分置きに姿勢を変えることを意識するといいと思います。

常に正しい姿勢でいた方がいいのでしょうか?とよく聞かれますが、正しい姿勢だとしても、長時間同じ姿勢でいれば固まります。

なので、無理に正しい姿勢を維持する必要はないので、変えるようにしてみてくださいね。

 

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院では膝痛、足痛などの症状に対して、原因から適切に対処していきます。

お身体に不調を感じている方は、放置せず早めにご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

打撲の怖さ

2017年08月17日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

横浜は最近天気がずっと悪いですね、、、

季節感がおかしくなりそうで、早く晴れて夏の暑さが戻ってほしいです(>_<)

さて今回は「打撲について」です。

「捻挫」や「つき指」と並び、よく聞くケガですよね。

打撲だけだから大丈夫ー、なんてこともよく言われます。

本当はそんな事ないんですよ!

打撲の怖さをあなたに知ってもらいます(ー_ー)!!

 

打撲の怖さ

なんか怖い話するみたいに始まっちゃいましたね(^^;)

順を追って説明していきますので、こんなこともあるんだな~と思って聞いてください。

まず、打撲とはどんなものかというと

打撲とは、「打ち身」とも言われます。
転倒や何かにぶつかるなどで身体に外部から強い衝撃が加わることで起こる、皮下組織や筋肉などの軟部組織の損傷のうち傷口のないもののこと。(doctors-me)

 

ここでポイントは「皮下組織や筋肉などの軟部組織の損傷」です。

「筋肉など」は筋肉に加え腱や靱帯、「皮下組織」とは皮膚の下にある脂肪や血管のことです。

身体に衝撃が加わって、これらを傷めれば全て「打撲」です。

どうですか?

ちょっと怖くないですか?

筋肉が断裂しても、血管が傷ついても、脂肪が傷ついても、全部「打撲」です。

ちょっと極端な言い方になってしまいましたが、これだけケガの幅が広いんです。

 

例えば、「打撲」によって起こるものに「コンパートメント症候群」というものがあります。

「コンパートメント症候群」とは打撲などによる出血等で組織内圧が上昇して、血行障害を引き起こし、筋肉や神経が壊死してしまう障害です。

「コンパートメント症候群」による障害は不可逆性なので(要は治らない)、最初の処置・判断がとても重要です。

 

ラグビーなどのコンタクトスポーツや格闘技など、打撲が多い競技は、

痛み強いけど、いつもの打撲だろうな、と考えがちです。

でも、もし「打撲」によって、コンパートメント症候群が起きてしまっていたらどうでしょう?

下手したら、競技どころか日常生活にも支障が出るような障害になりかねません。

 

「打撲の怖さ」を少し感じてもらえたでしょうか?

万が一をいかに防ぐかが大事ですので、たかが打撲と考えず、まずは医療機関に受診して

どんな状態か?何を傷めているのか?を確認するようにしましょう。

 

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院は骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れなど、外傷の処置ができます。

おかしいな?と感じたら、もう遅いかもしれません。

ケガをしてしまった場合はすぐにご来院ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

 

つき指の応急処置

2017年08月16日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

部活、特に球技をしていると、「つき指」って多いですよね(^^;)

つき指や捻挫したときにテーピングでぐるぐる巻きにしたりしますが、それもやり方があります。

やみくもに巻くとかえって良くないこともあるので、今回はつき指についてのお話です。

 

つき指の応急処置

「つき指」って、そもそも何でしょうか?

そこをきちんと理解することから始めましょう。

 

「つき指」とは、何かが指にぶつかり、傷めることです。

「つき指」することで、骨折したり、靱帯を傷めたり、脱臼したりもします。

つまり、傷め方の問題であり、傷めた組織の話ではないんですよね(^^;)

ただ、一般的には指に何かがぶつかり、靱帯などを傷めることが「つき指」として認識されていると思いますので、今回のつき指の応急処置のお話は、「指の靱帯損傷」としてお話します。

 

では、実際にやまだ接骨院に来院された患者さんを例に、説明します。

10代 横浜市在住 男性 中指を物にぶつけて「つき指」

中指のつけ根の関節を傷めていました。

図の青いところ。

手の「こぶし」部分ですね。

手の甲の骨と指の骨を繋いでいる靱帯ですが、どこを傷めても一緒ではありません。

指を曲げるときは「甲側」が緊張し、指を伸ばすときは「腹側」が緊張します。

また、横に倒すときは、それぞれ反対側の靱帯が緊張します。

今回の症例では、どこが傷んでいたかというと、中指の「甲側」と「人差し指側」の靱帯でした。

 

この場合の応急処置はどんなことが必要かというと、まずは「RICE」です。

安静、冷却、圧迫、挙上、のことです。

これを簡易的にできるのがテーピングなどの固定ですが、この患者さんがどのようにテーピングしていたかというと、中指と薬指をぐるぐる巻いていたそうです。

 

さて、思い出してほしいのですが、指の靱帯のどこを傷めていたでしょうか?

傷めていたのは、中指の「甲側」と「人差し指側」です。

なので、指が曲がったり、薬指側に倒れると靱帯の傷口を広げてしまいます。

 

でも、応急処置として行っていたテーピングは中指と薬指をぐるぐる巻いていたので

中指の靱帯の「甲側」も「人差し指側」も固定されていなかったんです。

 

2つの靱帯を固定するにはテーピングで中指と人差し指をつけて巻いて、かつ曲がらない様に固定するべきでした。

 

イメージで、隣の指とくっつけて固定しておくと、安静が保たれるような感覚がありますが、

傷めた部分を押さえられていないと、せっかくの固定も効果が薄れてしまいます。

指の応急処置はどこを傷めているかが大事ですので、もし「つき指」してしまったら、

どうすると痛いかを慎重に確認してみてください。

 

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院では「つき指」や「肉離れ」、「足首の捻挫」などスポーツや日常生活におけるケガに対して、適切に処置します。

もしケガをされてしまった場合は、放置せず、すぐにご連絡ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

足育のお話

2017年08月14日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

先日、相模原で「足育」をママさん達にお伝えしている先生にお話し伺ってきました。(^O^)

メディカルトレーナーをされている先生なのですが、高校生のサポートをされている中で

足を始めとした身体の改善は、なるべく早い段階・年代からがいいと感じていると仰っていました。

私も患者さんを診させて頂いていて、「足の重要性」はとても感じていました。

なので、今回は傷病とかではなく、足、それも「足元」のお話です。

 

足元から全身への影響

最近の小・中学生で、よく見られることは、「足踏み」が上手にできないことです。

その場で足踏みしてみて、と実際にやってもらうと、大半の子がフラフラしてしまいます。

フラフラの仕方もそれぞれで、

・前や後ろに進んでしまう

・だんだん回転してしまう

・上半身が大きくぶれる

などなど、本当に様々な「足踏み」します(^^;)

 

フラつく理由の一つが、足首の「アライメント」にあります。

「アライメント」とは関節や骨の並びのことです。

足首周辺には四角い骨が石垣のように組み合わさっています。(下図)

また正面や横から見た時に、骨が橋のように弧を描くので、「縦アーチ」「横アーチ」というものもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼少期~少年期の間に、走り方や歩き方、運動頻度などの問題があると、足の裏や足首周りの筋力が弱くなってしまい、足の「アライメント」が悪くなってしまいます。

 

アライメントが悪くなると、聞いたことがあると思いますが、足の縦・横のアーチの有無による「偏平足」や「甲高」、「開帳足」、あとは「外反足」などになります。

 

話を戻しますが、足踏みにどう影響が出るかというと、足を正しい位置で着地できないこと

また筋力が弱いので、踏ん張りが効かないということが「ふらつき」を起こします。

 

立って、片足を上げた際に、もう一方の足が踏ん張れずよろけたら、元の位置に着地は出来ないですよね。

子供なら、一日何千歩も歩くし、走ります。

バランス悪い足の着き方を何千回もしたら、しかもそれを何年もしたら、身体全体のバランスが崩れることは容易に想像できます。

 

足元の重要性、「足育」が大事な理由を、お子さんがいる方に少しでも感じてもらえたらと思います。

 

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院ではスポーツ障害の他、歩き方、走り方など

日常での運動能力の向上にも力を入れております!

ご予約・お問合せはこちらから ↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

1 16 17 18 19 20 21 22 23 24 27