オスグットは成長痛だと思っていませんか?

2017年04月19日

こんにちは!

横浜市港南区上大岡で骨盤矯正・野球専門治療・オーダーメイド治療を行っております、
やまだ接骨院です。

最近よく聞かれるものにオスグットがあります。

そこで今回のテーマは、、、

オスグットは成長痛だと思っていませんか? 
です。

まずオスグットがどんなものかご説明します。(^_^)

 

オスグッド病の病態日本整形外科学会より引用

 

上の図を見ていただくと、分かりやすいと思いますが、太ももの骨(大腿骨)の前側には

大腿四頭筋という膝を伸ばすための筋肉があり、すねの骨(脛骨)にくっつきます。

中学生くらいまで、このすねの骨(脛骨)の大腿四頭筋がつく部分は軟骨で大人のように

しっかりした骨ではありません。

なので、筋肉により軟骨部分が引っ張られてしまうと、軟骨がだんだん剥がされてきてしまい

炎症を起こします。

だから膝のお皿の下の方が出っぱることがあるんですね。

以上がオスグットの一般的な状態です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここからが本題です。

成長期に起こる膝の痛みなので、病院へ行っても

「成長痛だから、安静にして湿布しておけば、いずれ良くなるよ。」

と、あなた・あなたのお子さんが言われたことありませんか?

不思議ですよね。

成長に伴う病気・障害なら、成長する子供たち全員がオスグットになると思いませんか?

つまり成長期になるから成長痛ではなく、ちゃんと原因があるんです。

オスグットになる子供は大腿四頭筋が硬くなる要素をもっています。

 

1症例として、最近来院された港南区の中学生でオスグットだった方ですが

痛い膝の方だけ、お尻の筋肉がかなり硬くなっていました。

お尻の筋肉の働きで骨盤が片方だけ、後ろに傾いてしまい、

大腿四頭筋が常に緊張している状態になってしまっていたんですね。

この場合は大腿四頭筋を柔らかくするより、硬くなっているお尻の筋肉を

柔らかくしてあげることが必要なんです。

骨盤の傾きが正常な位置に戻ることで骨を引っ張る力が無くなり

この中学生のケースでは痛みが取れました。

 

いかがですか?

まだオスグットは成長痛だと思いますか?

どんなものでも原因があるので、原因を理解することはとても重要です。

原因が理解できれば、対処の仕方も分かります。

 

やまだ接骨院では原因を確認し、適切な施術を行います。

オスグット、膝痛でお悩みの方は1度、港南区上大岡の整体、整骨院、接骨院の
やまだ接骨院までご相談ください。

シンスプリント

2017年04月18日

○シンスプリントとは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんちには!
横浜市港南区上大岡で骨盤矯正・野球専門治療・オーダーメイド治療を行っております、
やまだ接骨院です。

今日はシンスプリントについてです。
シンスプリントと骨膜炎は同じものと考えられていますが、やまだ接骨院では2つを分けて
考えていますので、それぞれお話しします。(諸説ありますので当院の考え方です)

シンスプリントとは何であるかというと、脛骨(すねの骨)の内側に出る痛みのことです。
傾向としては、バドミントンやバスケットボール、陸上競技やバレーボールなどの
ジャンプやダッシュを繰り返し行うスポーツに多いですね。

骨膜炎とは名前の通り、骨の表面を覆っている骨膜という組織に刺激が加わり炎症を起こすこと。

ではシンスプリントと骨膜炎の違いですが、、、

実はシンスプリントも骨膜炎です。

え?一緒じゃん!
と思いましたよね。(笑)

そうなんです。骨膜炎という意味では一緒です。
違いは原因なんです。

シンスプリントは脛骨(すねの骨)の内側に付着する筋肉の牽引力により、骨膜が炎症を起こすこと。

対して骨膜炎は牽引力だけではなく、ジャンプの着地時の衝撃など、骨膜に何らかの刺激が
加わって骨膜が炎症を起こすこと。

上大岡やまだ接骨院ではこのように分けています。

なぜこんな分け方をするかというと、ケガからの早期復帰には原因がとても大事だからです。

たとえば、港南区の高校生でバドミントンをされている患者さんと
上大岡の中学生で陸上をされている患者さんがいました。

バドミントンはシャトルを打つ時も返す時も常に弾んで、ステップしています。
高校生の患者さんはジャンプの着地時には痛みが出るが、踏み込んだりする分には痛みがないとの訴えでした。

一方、中学生の患者さんは陸上の短距離でしたが、ジャンプではあまり痛くないが、
しゃがんだり、力を入れて踏ん張ったりすると痛みが出るとの訴えでした。

この二人の場合、どちらも、すねの内側に痛みがありシンスプリント・骨膜炎ということになりますが、痛みを誘発する動作が明らかに違いますよね。

この区別ができないと復帰までにできる運動・できない運動が分からず、
落とさずに済む筋力まで落としてしまいます。

また、骨の形状の問題なのか、筋肉の柔軟性の問題なのか、
によって、施術方法やセルフケアも変わってきます。

骨の形状の問題なのに、すねの周りの筋肉を柔らかくしても意味ないですよね。

このように原因を理解することはとても重要です。

上大岡やまだ接骨院では、原因を把握した上で必要な施術を行います。

シンスプリント・骨膜炎でお困りの方は港南区上大岡の整体、整骨院、接骨院の
やまだ接骨院までご相談ください。

頭痛について

2017年04月17日

○頭痛の正体とは?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
港南区上大岡のやまだ接骨院です。
患者様からも、お問い合わせが多い頭痛についてお話しします。
頭痛にはさまざまな原因がありますが、おもに「筋緊張性頭痛」と「片頭痛」の2つ
があります。

 

○筋緊張性頭痛
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「筋緊張性頭痛」とは名前の通り、頭の筋肉や首・肩の筋肉が凝り固まり、緊張してしまうことで起こります。

なので、頭・首・肩の筋肉を柔らかく緩めてあげる必要があります。
ご自身でできる対策やセルフケアには、、、

・お風呂で湯船に浸かって、身体をあたためる
・体操くらいでいいので運動する
・長い時間、同じ姿勢でいない

などがあります。

特に今はスマホやデスクワークで長時間パソコン作業をすることが多く、
重たい頭を支えるために首や肩の筋肉が凝り固まってしまう方がとても多いですね。

○片頭痛 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

片頭痛は脳の血管が広がって、血管を取り巻く神経が刺激されて起こる頭痛です。
血管への刺激により起こるので、吐き気を伴うこともあり、運動にすることによっても誘発されます。(循環が良くなり、血管が広がるため)

広がった血管をもとの状態に戻すには、、、

・首や頭を冷やす
・静かな場所で休む

などがあります。

「緊張性頭痛」との違いは、身体を温めてはいけないということです。
血液循環を良くしてしまうと悪化することがあるので、気を付けましょう。

 

上記以外にも頭痛には原因があります。
筋肉の固さを出すものも肩や首だけとは限りません。

身体の状態を理解しないとセルフケアも難しいので、頭痛を感じたらすぐに
上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

 

横浜市・港南区・南区・磯子区・戸塚区・上大岡駅で筋肉や関節の痛み、身体の不調でお困りの方は整体・整骨院・接骨院のやまだ接骨院までご相談ください。

野球肘について

2017年04月16日

最初の投稿は野球肘についてです。

あなたのお子さんは肘がちゃんと伸びていますか?

野球肘には内側型と外側型があります。

内側型の割合が比較的に多いので、今回は内側型の野球肘についてお話します。

まず、肘の内側には、肘が外反(肘が弓なりに反ること)しないように抑えている靭帯があります。
ボールを投げる動作の中で、ボールが指から離れる直前に、この靭帯が一番伸びるストレスがかかります。

大人の場合は靭帯自体が傷ついてしまうことが多いですが、子供の場合は骨が未発達で軟骨が多いため、靭帯よりも、靭帯が付く骨や軟骨が傷ついてしまうことのほうが多いです。

問題なのは、軟骨が傷ついた時に痛みが出るとは限らないことです。

あなたのお子さんは、投げる方の肘はしっかり伸びていますか?
もし左右を比べて、伸びていない場合は、痛みが無かったとしても野球肘になっている可能性があります。
子供は試合に出たいがために我慢して親に話さないことも多々あります。

野球肘のチェックはすぐに出来ますので、ご心配な方は上大岡やまだ接骨院までご来院ください。必要があれば、信頼できる提携医療機関での精密検査もできます。

横浜市・港南区・南区・磯子区・戸塚区・上大岡駅で筋肉や関節の痛み、身体の不調でお困りの方は整体・整骨院・接骨院のやまだ接骨院までご相談ください。

HPできました!

2016年04月15日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡で骨盤矯正・野球専門治療・オーダーメイド治療を行っております、
やまだ接骨院です。

ご協力いただいた皆様のおかげで、ついにホームページが出来ました!!

今までやまだ接骨院の情報がほとんど無く、また休診や受付時間の変更などのお知らせも
出来ていなかったので患者様には大変ご迷惑をおかけしました。

いまどき、院内掲示だけなんてところ無いですよね、、、

でも、これからどんどん内容を充実させていきます!

皆様が疑問に感じていることにもお答えできるように、普段の治療中に聞かれることを中心に
投稿していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします!


1 21 22 23 24 25