交通事故・むちうち症

  • 首や背中の痛みが改善されない
  • レントゲンでは異常はないと言われた
  • 激しい頭痛で悩まされている
  • めまい、吐き気などが時々起こる
  • 病院で湿布や薬をもらっているが改善されない

検査でも大きな問題がないのになぜ?|横浜市港南区 やまだ接骨院

交通事故にあってしまったときに関節に急激にかかる衝撃が原因で、今まで正常だった部分が正常じゃなくなり関節の状態が変わってしまいます。

そのため、見ただけではなんともなく、レントゲンを撮っても異常が見られなくても痛みやしびれ、めまい、吐き気などが起こります。 特に神経の多いところに強い衝撃を受けてしまうとそのつらい症状が特に見られるようになります。

交通事故の治療において手技が大切なのはなぜか?|横浜市港南区 やまだ接骨院

やまだ接骨院では触診を重視しています。

それはちょっとした異常などの細かい診断は触診でしか判断できないからです。
大まかな診断はレントゲンやMRIでもできますがそれらでは発見できない異常も触診では発見することができます。

やまだ接骨院の交通事故施術では急性期の方はまずはアイシングや微弱電流で症状を抑えることから行いますが、主に手技やストレッチを中心に行い筋肉を和らげていきます。

全く動かせないという方はゆっくりと少しずつ正常に動かせるように関節にアプローチして施術していき、柔軟性の改善訓練や椎間関節の可動域など細かい部分を手技で改善していき、症状の原因を和らげていきます。