ランナーズニー(腸脛靭帯炎)からフルマラソン完走!

2017年12月7日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

昨日すごく良いことがありました。(≧▽≦)

ランナーズニー(腸脛靭帯炎)で通院されていた患者さんが目標達成!

フルマラソン走るために練習していたら、膝が痛くなってしまったと来院された方でした。

しかも、お父さんと走るんです、と。

本人はもちろんですが、一緒に走れると思っていたお父さんの気持ちを考えたら、しっかり治して一緒にゴールしてもらおうと、より気合い入りました。(ー_ー)!!

フルマラソンに初挑戦とのことだったので、治療・リハビリ+走るための筋力アップも考えて、治療計画を立てました。

結果、無事に完走できたとご報告頂きました~。(^O^)

本当に本人が頑張ってました。

努力の結果ですね!

自分でしっかり治すんだ!という気持ちを持っている方は必ず改善します。

少しでもお手伝いできて嬉しい限りです(^-^)

お父さんがゴール後に「よく頑張ったね。」と声をかけてくれたそうです。

その時のお父さんの表情を見てみたかったーー。笑

そんなわけで、今回はランナーズニーについてです!

時期的にもマラソンシーズンなので、走っていて膝の痛みを感じている方も多いと思います。

ランナーズニーになりやすいリスクなども含めてお話します。

 

ランナーズニー(腸脛靭帯炎)について

そのままですが、ランナーに多いのでランナーズニーと言います。

難しくいうと「腸脛靭帯炎」。

腸脛靭帯については下の画像をご覧ください。

左足のももの外側の筋肉です。(青いところ)

腸脛靭帯はももの骨の外側を通ります。

そのため、骨の出っ張りに擦れやすい靱帯です。

膝の曲げ伸ばしをすることで、腸脛靭帯が擦れ、炎症を起こします。

これが「腸脛靭帯炎」です。

 

「腸脛靭帯炎」の画像検索結果

http://www.rbone.jpより引用

 

では、ランナーがみんな腸脛靭帯炎になるかというとそうではありません。

そもそも膝の曲げ伸ばしで起こるなら、どの人でも傷めますよね。(^^;)

どんな人に多いかというと、「O脚」の人です。

膝が外に出っ張ってしまうので、より腸脛靭帯が擦れやすくなります。

気をつけてほしいことは「O脚」であって、「内反足」ではないということです。

画像の足をみてもらうと、右足の親指側が浮いていますよね?

足裏が内側を向いてしまうことを「内反足」と言います。

ちなみに反対は「外反足」、「偏平足」とも言います。

ただし、偏平足で「O脚」になることもありますので、偏平足だから大丈夫~なんて思わないでくださいね。(^▽^;)

走っていて膝の外側に痛みを感じている方は、ランナーズニーかもしれません。

悪化すると、痛みは相当強くなります。

もう足を引きずるくらいになります。

実際にやまだ接骨院へ足を引きずって来院された患者さんはたくさんいます。

ランナーズニーは元々の身体の状態に「O脚」などの問題があって、炎症を起こすことがほとんどですので、放置していても、まず治りません。

一時、痛みが治まっても再発します。

せっかく健康の為やマラソンイベントなどの目標があって走っているのに、痛みと付き合いながらではマイナスにしかなりません。

おかしいなーと感じたら、一度ご相談くださいね。

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院をお探しの方は、やまだ接骨院までご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

腸脛靭帯炎・ランナーズニー

2017年04月28日

腸脛靭帯炎・ランナーズニー

こんにちは!
港南区上大岡、やまだ接骨院です!

最近多いんです、、

ランナーズニー(腸脛靭帯炎)の患者さん、、

しかも女性が多いですね。

というわけで、今回はランナーズニー(腸脛靭帯炎)についてです。

ランナーズニー(腸脛靭帯炎)とは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読んで字の如くですが、腸脛靭帯に炎症が起きたものを腸脛靭帯炎と言います。

 別名ランナーズニーと呼ばれるように長距離ランナーなど

長く走ったり、歩いたりする人に多いですね。

腸脛靭帯は膝の外側を通ってスネの骨に付きます。

膝の曲げ伸ばしをした時に膝の外側で骨の出っ張りに擦れてしまい、炎症が起きます。

       古東整形外科より引用

膝の外側のほかに、股関節近くのモモの骨(大腿骨)の出っ張り部分でも
擦れやすい部分がありますが、今回は膝のお話しなので、次回にしますね。

・腱が擦れる原因は?

大腿筋膜張筋と大臀筋の一部がこの腸脛靭帯にくっついています。

いきなり、なんだそりゃ?ですよね(^_^;)

お尻の後ろと横の筋肉のことでこの2つが縮むと、腸脛靭帯が引っ張られます。

つまり筋肉としては大腿筋膜張筋と大臀筋の2つがランナーズニーにとても関与します。

ただ筋肉が硬くなったら擦れるわけではなく、片方の筋肉だけ硬くなったりすると

引っ張られ方が不均等になり、擦れやすくなってしまいます。

この筋肉の緊張の差が原因になります。

もう一つの原因として、骨格の問題があります。

腸脛靭帯はモモの外側を通るので、

O脚など、膝が外に出っ張るような足だと、靭帯が骨に擦れやすくなります。

女性に多い理由の一つですね。

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)を防ぐには

二つの筋肉の柔軟性のバランスが取れていること。

膝が外に出っ張るような骨格ではないこと。

この2つが大事です。

やまだ接骨院では筋肉の柔軟性や骨格のバランスを

原因から改善していきます。

腸脛靭帯炎・ランナーズニーなどの膝の痛み・違和感でお悩みの方は
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院までご相談ください!