腰痛に効くストレッチ! 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年05月24日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は「腰痛に効くストレッチ」について、お話します。

腰痛に効くストレッチは、テレビなどでもいっぱいやってますよね。

ただ、次の3パターンのどれかになったんじゃないでしょうか?

  1. 効果があった人
  2. 特に変化が無かった人
  3. 腰痛が悪化した人

腰痛にはこの体操!みたいな謳い文句ですが、必ず効果がるとは限りません。

それどころか悪化してしまうことも、、、

どのストレッチが腰痛に効果的なのか、また判断の仕方もお話しますね!

 

腰痛に効くストレッチ!

腰痛の原因はたくさんあります。

  • 筋肉の問題
  • 骨格の問題
  • 内臓の問題

主なものはこの3つです。

ストレッチが効く腰痛は、「筋肉の問題」「骨格の問題」です。

「内臓の問題」には、いくらストレッチをしても腰痛は改善しないので、お気をつけください。

では、まず「筋肉の問題」について。

腰の筋肉に問題がある時のストレッチです。

このストレッチを行うと、腰・背中・肩の筋肉が伸ばせます。

図で見ると、こんな感じです。

 

 

次は骨格に問題がある時のストレッチです。

左足をあぐらの様に曲げ、右足を左の股関節に回します。

膝を両手で抱え、胸に近づけます。

これはお尻の筋肉のストレッチです。(画像では右のお尻が伸びます。)

腰痛を起こす骨格の原因に「骨盤」があります。

お尻の筋肉は骨盤のバランスにとても影響するので、お尻をストレッチすると、腰痛が楽になります。

 

どのストレッチも左右を意識しながら行ってください。

例えば、左の方が硬い場合は、普段左の筋肉ばかり使っているバランスになっています。

この時に左右を同じようにストレッチすると、身体のバランスは変わりません。

硬い方を多くストレッチしてあげると、悪い方に引っ張る力が弱くなるので、バランスが改善します。

ストレッチは、ただ筋肉を伸ばして柔らかくする効果だけではなく、左右のバランスをチェックして改善する方法にもなります。

何も意識しないで漠然とストレッチすると、身体の歪みに気づけないので必ず左右差を意識しましょう。

始めにお話した、テレビでやってたストレッチを行ったら、逆に腰痛が悪化してしまった人は、かえって身体のバランスを崩してしまったと考えられます。

腰の硬くなっている筋肉に、より負担がかかりやすくなるようになってしまったんですね。

繰り返しですが、左右差を考えないでストレッチしてしまうと、むしろ身体の歪みを強めてしまうこともあります。

  • 筋肉・骨格の問題であること
  • 左右差を意識すること

以上の2つに注意すると、ストレッチは腰痛に効果的です。

自分で判断が難しいときは、いつでもご相談くださいね!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform