正しく筋トレできてますか? 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年05月21日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は「筋トレの正しいやり方」についてお話します。

上大岡やまだ接骨院でも、根本改善やパフォーマンスアップのために筋トレしてもらうことがあります。

健康、パフォーマンスにおいて、柔軟性以上に筋力は欠かせません。

最近は健康ブームもあって、スポーツジムで筋トレをされている方も多く、とても良いことなのですが、お話を伺うと、間違ったやり方をしていることがあります。

せっかく筋トレしているのに、効果が半減していたら、もったいないですよね。(>_<)

筋トレはどう行うのが良いかをお話しますね!

 

正しく筋トレできてますか?

筋トレは目的別で、やり方が異なります。

一般的な筋トレは「筋力・筋肉量のアップ」が目的だと思います。

では、「筋力・筋肉量のアップ」を目的とした場合、どんな筋トレのやり方が良いのでしょうか?

筋トレで大事なことは次の3つです。

筋肉を壊す
栄養を与える
筋肉を修復する

どれも欠かしてはいけません。

3要素を欠かしてしまい、せっかく筋トレしているのに、効果が出ていなかったケースをご紹介します。

・20代 男性 週4回ジムで3時間筋トレ

1年間ほぼ上記のペースで筋トレを行っていたそうですが、筋肉量は増えなかったそうです。

なぜ長期間筋トレをしていたのに増えなかったのでしょうか?

3要素から考えてみましょう。

 

筋肉を壊す

筋肉に過負荷を与えることで、筋線維が壊れます。

重さに耐えられないから傷つくんですね。

つまり、この「耐えられない重さ・負荷」で行うことが必要です。

3時間筋トレをしていたそうですが、例えば「腕立て伏せ30回」が自分の限界だとします。

「腕立て伏せ30回」を3時間できますか?

疲れちゃってできないですよね。(^▽^;)

自分の限界の負荷をかけていなかったので、筋肉を壊せていなかったのだと思います。

 

栄養を与える

筋肉を壊したら、次は修復するための材料(栄養)が必要です。

主に「タンパク質」ですね。

トレーニングした日の必要量は体重×2gが目安です。

60kgの人なら、60×2g=120g 

コンビニなどに売っているサラダチキンが約20gなので6個です。

結構な量ですよね。( ̄▽ ̄)

栄養に関しては必要量を食べていたので問題ありませんでした。

 

修復させる

恐らくこれが一番足りなかったかと思います。

修復されることで、より強い筋力を引き出せる筋肉になります。

上半身→下半身などローテーションすれば別ですが、週4で同じ筋トレを行ったら修復されません。

2日は空けた方がいいですね。

修復期間が無かったら、壊すだけになってしまいます。

 

 

せっかく筋トレを頑張っても、変化が無かったらもったいないですよね。

トレーニングのやり方も目的によって色々ありますので、いつでも上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

正しく筋トレして、目的を達成しましょう!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform