痛くなければ大丈夫? 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年05月19日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は「スポーツ復帰まで」についてのお話です。

どんなケガもほとんど始めは痛みがありますよね。

復帰する時は、やはり「痛み」が基準になってしまいますが、あくまで症状の一つです。

痛み以外に何を基準にすれば良いのか?

ここが分からないと、「痛み」で判断してしまいますよね。

痛くなければ大丈夫?

上大岡やまだ接骨院には、野球、サッカー、バレーボール、テニスなど、様々なスポーツをされている方が来院されます。

再発を繰り返している方も多いのですが、皆さんお話を伺うと、

「少し休んで、痛くなくなったので再開したけど、また痛くなった」

この様な経過がとても多いです。

当たり前ですが、痛くなければ大丈夫と思いますよね。

 

例えば、ふくらはぎを肉離れした場合、筋肉や腱が傷ついている状態です。

治る過程で、血管が修復し、筋肉なども少しずつ修復していきます。

傷ついた筋肉を覆う様に「かさぶた」が出来ると、とりあえず傷口が広がることがなくなるので、痛みが引きます。

しかし、この段階で運動を再開すると、十分に治っていない筋肉を伸び縮みさせてしまうので、「かさぶた」が剥がれ、傷口が開きます。

こうして、また痛くなってしまいます。

痛みだけを基準にすると、再発を繰り返してしまうんです。

では、痛みの他に、何を基準にすればいいのか?

例に挙げたので、「ふくらはぎの肉離れ」でお話します。

 

①柔軟性

痛みが引いてきたら、ゆっくり筋肉を伸ばしてみます。(アキレス腱伸ばし)

傷めていない方と比べて、同じように伸ばせれば大丈夫です。

必ず、両足で比べてください。

 

②筋力

「つま先立ち」をゆっくりしてみてください。

こちらも傷めていない方と比べて、同じくらいの力が出れば大丈夫です。

筋力は「利き足」かどうかもあるので、判断が難しいですね。

スポーツなら競技によりますが、まずは「つま先立ち」、次に「足踏み」、最後に「ジャンプ」が出来れば、日常生活上は問題ありません。

 

最低でも「柔軟性」と「筋力」の2つを元の状態に近いところまで戻さないと、再発のリスクがとても高くなります。

特に「筋力」は見落としがちです。

肉離れの場合、筋肉の傷ついた一部分の伸び縮みする力が弱くなります。

すると、周りの筋肉がカバーしようとして、たくさん働いてしまい、オーバーワークになってしまいます。

「柔軟性」に目が行きがちですが、「筋力」の回復が無いと、スポーツ復帰は危険です。

焦らず、元の状態に戻してから復帰しましょうね!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform