石灰沈着性腱板炎って何? 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年07月12日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は「石灰沈着性腱板炎」についてお話します。

50肩かな?と思って、整形外科に受診すると、診断されるものの一つです。

とはいっても、いきなり「石灰沈着性腱板炎」なんて言われたところで、詳しく説明されないとよく分からないですよね。(^▽^;)

というわけで、「石灰沈着性腱板炎」をご説明します。

 

石灰沈着性腱板炎とは?

名前の通り、「腱板」に石灰(カルシウム)がくっ付いて起こる炎症のことです。

まず「腱板」について説明します。

「腱板」とは、肩を支えている筋肉の集まりのことです。

肩の奥にある「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」は上腕骨(腕の骨)の頭にかぶさるようにくっついています。

肩のインナーマッスルなんて言ったりしますね。

これら4つの筋肉は、上腕骨を肩甲骨の方に押し付けることで肩関節を安定させる働きがあり、協調して働きます。

筋肉が骨に付くときに「腱」に変わりますが、肩の4つの筋肉の腱が板の様に集まって板の様に見えるので、「腱板」と言います。

筋肉は縮む時(力を入れる時)にカルシウムを使って縮みます。

筋肉に繰り返し負荷をかけて、筋肉やその延長の腱に傷がつくと、少しずつ傷口にカルシウムが溜まっていきます。

一定量を超えると傷口に強い炎症を起こします。

これが「石灰沈着性腱板炎」です。

 

では、どう対処していくのが良いのでしょうか?

まず、炎症が出た直後は、かなり痛みを感じるので安静が一番です。

実際は安静にしていてもズキズキと痛むことが多いので、ズキズキする部分を冷やしてあげると少し楽になります。

2~3日で強い炎症は治まりますが、その後、急激に肩関節が固まります。

なので、炎症が治まってからは安静ではなく、痛みが出ない動作をどんどん行い、肩が元通りに動かせるようにする必要があります。

よく病院などで「痛くても動かした方がいい」と言われてくる方もいますが、痛みがある動作は傷口を広げて再び炎症を起こしてしまう可能性があるので控えるべきです。

やみくもに動かすことは痛いだけで良いことはないので、避けましょう。

もう一つ、大事なことがあります。

それはどの筋肉の腱が傷んでいるか?を確認することです。

「腱板」と一括りになっていますが、「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」と4つの筋肉にはそれぞれの働きがあります。

棘上筋が傷んでいるのに、小円筋の治療をしても効果は無いですよね。

何が傷んでいるかを確認して、傷めている筋肉に応じた治療とリハビリを行いましょう。

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

転んで手をついたのに胸が痛い!(>_<)

2018年07月9日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

いよいよ夏の高校野球大会が始まりました!

先日もトレーナーとして、野球部のサポートに行ってきました。

去年の大会から早一年。

高校生はどんどん成長しますね!

練習態度や考え方が変わったことが見ていてもよく分かります。

ケガ無く大会を迎えて、力を出し切ってほしいですね!(^O^)

さて、今回は「転倒した時のケガ」についてのお話です。

転んで手をついた時に手首が痛くなるのは、不思議ではないですよね?

でも、胸が痛くなると、なんでだろう? ぶつけたのかな?

と不思議に思われる方が多いです。

実際はちゃんと理由があるので、やまだ接骨院に来院されたケースを例にお話しますね。

 

転んで手をついたのに胸が痛い!

では、実際のケースからお話します。

・60代 女性 畑仕事をしていて、転倒し手をつく

畑仕事でロープに足が引っかかり、前に転倒してしまい、右手を前についた時に傷めたとのことでした。

自覚症状は、右胸あたりの痛みを感じていました。

確認させて頂くと、右の「肋間筋」という筋肉を傷めていました。

「肋間筋」とは、読んで字の如くですが、肋骨の間にある筋肉です。

スペアリブですね。( ̄▽ ̄)

図の青いところが「肋間筋」です。

肋間筋が伸び縮みすることで、呼吸が出来ます。

では、なぜ転んで手をついた時に「肋間筋」を傷めたのでしょうか?

 

順を追って説明します。

まず、転んで手をつくと、衝撃は肩まで響きます。

もちろん身体を守るために反射的に手をつくので、かなり力みます。

この時、肩がずれたりしないように(脱臼しないように)肩関節周りの筋肉が一気に縮むのですが、肩の筋肉の一つに「小胸筋」という筋肉があります。

図の青いところが小胸筋です。

「小胸筋」は肩甲骨~肋骨にくっついています。

手をついたことにより、「小胸筋」が急激に縮んだことで、肋骨が引き上げられてしまい、肋骨の間にある「肋間筋」が引き伸ばされ、傷んでしまったんですね。

 

「肩関節」は肩甲骨と上腕骨で作られていますが、二つとも、色々な骨に向かって筋肉がくっ付いています。

上半身はもちろん、骨盤にまで筋肉がくっついているので、色々なところに影響を与えます。

肩を傷めるようなケガをすると、身体の他の場所まで痛くなる理由の一つです。

転んで手をついた場合、傷めるのは手や肩だけとは限りません。

数日してから、肩以外に痛みを感じ始めることも珍しくありませんので、あまり痛いところが無いから大丈夫、と油断しないでくださいね!

早めの処置が大事ですから、おかしいな?と感じたら、すぐにご相談ください。

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

股関節の違和感はどこから? 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年07月3日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

サッカーワールドカップ、日本代表は残念ながら負けてしまいました。(>_<)

2-0になった時はいけると思ったのですが、そこは世界の壁ですね。

そう甘くはありません。

でも、FIFAランキング3位のベルギー相手に素晴らしい試合でしたね!

サッカー繋がりですが、股関節の痛みや違和感を感じる選手がいます。

今回は「股関節の違和感」についてのお話です。

股関節に引っかかる感覚がある。

こんな症状ありませんか?

スポーツをされている学生さん、産後のママさんなど、股関節の不調は色々な方に出ます。

股関節は体重を支える部分なので、負担がかかりやすく、原因も様々です。

学生さんで、股関節に違和感を感じるけど、股関節以外に原因があったケースをお話しますね!

 

股関節の違和感

最初に股関節の違和感の正体を言ってしまうと、「弾発股」というものです。

「弾発股」とは、骨盤から太ももの外側を通る筋肉が、太ももの骨に擦れてしまうことで、「ポキッ」、「カクッ」などの音や違和感を感じるものです。

「弾発股」の画像検索結果 
からだリカバリーラボより引用

 

学生さんのケースでは、左右の股関節が「弾発股」になっていました。

では、なぜ「弾発股」になってしまったか?

ここが大事になります。

原因は「背中」にありました。

上の写真は真後ろから撮った写真です。

地面から垂直に伸ばした線より、上半身が左にずれているのが分かると思います。

これは、背骨の「背中」の部分が左に傾いている為です。

上半身が左に傾くことで、重心は左に寄ります。

そのままだと左足のみで身体を支えないといけないので、骨盤を右に突き出して重心が真ん中に来るように、バランスを取っています。(下画像)

骨盤を横に突き出す形になるので、外側の筋肉である「大腿筋膜張筋」が引っ張られた状態になり、太ももの骨に擦れやすくなります。

「大腿筋膜張筋」を柔らかくすればいいかというと、あまり意味ないですよね。(^▽^;)

骨盤が横に突き出ないようにしないと、太ももの骨との摩擦は改善できません。

骨盤を突き出さないようにするには、重心の位置を変える必要があります。

重心の位置を変えるために「背中の傾き」を改善します。

以上が、背中に原因がある弾発股です。

実際に、この学生さんは背中の傾きを改善したら、股関節の引っかかり感=弾発股は改善されました。

痛み・違和感がある場所に原因があるとは限らない典型的なケースです。

根本原因を突き止めて、元から改善しましょう!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

捻挫は最初に処置が大事! 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年06月25日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は「捻挫の処置」についてのお話です。

やまだ接骨院のブログでも何度もお話していますが、やはり捻挫は最初の処置で、その後の回復期間が決まります。

最初の処置が適切ではなかった為に回復が大幅に遅れてしまったケース。

残念ながら同様のケースがありましたので、ご紹介しますね。

捻挫の最初の処置

ご紹介するのは、「足首の捻挫」です。

外出中、段差につまずき足首を捻挫されたそうです。

当日、整形外科に受診し、骨折を疑われたが、画像検査で問題が無かった為、サポーターを巻くように指示され、松葉杖を付いていたそうです。

3日後に再度受診し、もう一度検査したが、やはり骨折は無く、引き続きサポーターで固定し様子を見ましょうとのこと。

さらに2週間して受診したところ、痛みも腫れも引いていなかった為、ギプスで固定しますか?と聞かれたが、時間が経っていたので、しなかったそうです。

結局、痛みが引かず、足首が硬くなり、リハビリも家で行う様に指示されただけで不安りなり、やまだ接骨院へ来院されました。

来院された時点で、約1ヵ月経っていました。

では、問題点を順番にお話していきます。

 

足首の固定が弱い

最初からサポーターによる固定でしたが、1ヵ月経った状態から推測しても、明らかにサポーターでは固定力が足りません。

着脱できるサポーターでは固定しきれません。

最初からギプス・包帯等で、足首が全く動かない様に固定するべきです。

 

関節のズレを治していない

湿布とサポーター以外の処置をしていなかったようですが、足首の関節がズレていました。

捻挫の際に足首の関節がズレてしまうことはよくあります。

骨の組み合わせを治さないまま固定しても、正しい位置に戻っていないので、なかなか回復しません。

 

リハビリ開始が遅い

約1ヵ月経ってから、ようやく痛みと腫れが引いてきたのでリハビリの指示が出ましたが、遅過ぎます。

正しく処置していれば、1~2週間で足首のリハビリは始められます。

足首の筋肉は弱くなり、松葉杖も付いていたので、身体の他の部分にも悪影響が出ていました。

 

来院時の状態から推測して、捻挫から1ヵ月後は、本来なら日常生活にはほとんど支障が無い状態になっているはずです。

正しい処置がされなかったことで、1ヵ月経っても松葉杖歩行な上、リハビリもほとんど開始していない状況でした。

捻挫はやはり最初の処置が大事です。

ただ適切な処置かどうかの判断は難しいと思います。

一つの基準として、「状態と治療の説明」をしてくれるところで治療を受けましょう。

納得できなかったら、別の場所に相談してみましょう。

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

捻ると痛い腰痛の正体は、、、 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年06月15日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は「捻ると痛い腰痛」についてのお話です。

「腰を捻ると痛い、、、」

腰痛にも、「前かがみが痛い」や「後ろに反ると痛い」など、腰痛を感じる動作には種類がありますよね。

その中で、腰を捻ると痛い時は、腰が原因では無いことがあります。

背骨の機能から考えると、どこに問題があるのか分かりやすいと思いますので、背骨の機能からお話しますね!

捻ると痛い腰痛の原因は?

先に答えを言っちゃいます。

捻ると痛い腰痛の原因は「背中」です。

なぜ背中なのか?

背骨の機能から考えてみましょう。

背骨は機能別に、「首」「背中」「腰」の3つに分けられます。

・「首」は、前後・左右に倒す、左右に捻じる、という機能があります。

・「背中」は、左右に倒す、左右に捻じる、という機能があります。

・「腰」は、前後に倒す、という機能があります。

「首」はどの方向にも動かせるので、ぐるぐる回りますよね。

一方、「腰」は前後に倒すだけです。

これだけでも、何となく予想つきますよね。(^▽^;)

腰には捻る機能が無いのに、腰を捻ると痛いのは、背中を左右に捻ることが出来ないため、腰に無理な負荷がかかるからです。

本来、身体を左右に捻るのは「背中」なんです。

しかし、筋肉が硬くなったり、弱くなったりすることで、背中を捻られなくなってしまった結果、腰に負担がかかります。

それでは、実際に上大岡やまだ接骨院に来院されたケースをお話しますね。

 

20代 男性 戸塚区在住 前かがみ・捻ると腰が痛い

特に何かをしたわけではないのに、だんだん腰が痛くなり、前かがみと捻ることが痛くて出来なくなってしまったとのことでした。

状態を確認すると、確かに腰の筋肉が硬くなっていましたが、背中を捻る筋肉も硬くなっていました。

そこで、身体を捻る時に背中を補助した状態で捻ってもらうと、痛みなく捻ることが出来ました。

具体的には背中の「胸椎」という背骨が動かなくなってしまっていました。

このケースでは、捻った時の腰痛に関しては「背中」の問題だったんですね。

 

腰には無い機能(動作)で腰痛を感じる場合は、腰以外に原因があることがほとんどです。

腰以外の原因には、背中の他に骨盤、股関節などがあります。

そんな状態の時に腰が痛いからと思って、いくら腰をマッサージしたりストレッチしても効果は無い、というより悪化します。

どこに原因があるかがとても大事ですので、分からない時はいつでもご相談くださいね!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

50肩と肩甲骨 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年06月14日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

連日暑いですねー。(>_<)

7月並みの気温らしいですが、5月から1週ごとに極端とに気温が上がったり下がったりするので、それぞれの月の平均気温がどれくらいだったか分かんないですよね。

体調を崩す方も多いので、皆様、水分と睡眠をしっかり摂ってくださいね!

さて、今回は「50肩と肩甲骨」についてのお話です。

肩が痛い、挙がらないとなると、よく「肩甲骨が動かないから」なんて言われますよね。

実際、50肩でも肩甲骨に問題があることもあります。

具体的に肩甲骨がどう動かないと50肩になってしまうのか?

そんなところからお話しますね!

 

50肩と肩甲骨

50肩とは、「肩関節や肩周囲の筋肉・靱帯等に問題が無いのに、肩が挙がらなくなってしまった状態」と定義されています。

実際は問題あるんですけどね。(^▽^;)

肩関節は上腕骨と肩甲骨が組み合わさっています。

なので、「肩甲骨の動き方」が50肩と関連してきます。

では、肩甲骨はどのように動くのか?

肩甲骨は上・下・内・外・上回旋・下回旋と6方向に動きます。

意外と色々な方向に動くんですよね。

肩を挙げていくと、まずは上腕骨が挙がっていき、次に肩甲骨が回ります。

それぞれの骨が順番に連動して動いていくことで、肩は挙がります。

肩を挙げる時に肩甲骨は上回旋します。

つまり、50肩で肩が挙がらない時は、肩甲骨の6方向の中で「上回旋」がしづらくなっている可能性があります。

肩甲骨を上回旋させる筋肉にはどんなものがあるのか?

  • 僧帽筋
  • 前鋸筋

この2つが働いていない場合、肩甲骨が上回旋しません。

肩甲骨の問題で肩が挙がらない時に、もう一つ大事なことは「下回旋」させる筋肉が硬く縮んでしまっていることです。

下回旋させる筋肉が縮んでいると、上回旋の邪魔をしてしまいます。

引っ張り合いになってしまうんですね。

肩甲骨を下回旋させる筋肉には次のものがあります。

  • 小胸筋
  • 菱形筋
  • 肩甲挙筋

まとめると、50肩で肩甲骨に問題がある場合、肩甲骨は「上回旋させる筋肉が弱く、下回旋させる筋肉が硬い」状態です。

もちろん、それぞれの問題だけの時や上下・内外への制限で50肩になってしまうこともあります。

肩甲骨が硬い・動かないと言っても、6方向に動きますので、どの方向へ動かないことで50肩になっているかを突き止めることが重要です。

自分で判断することは難しいので、肩を上げ下げしてるところを誰かに見てもらいましょう。

分からない時は、いつでもご相談くださいね!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

治療はいつまですればいい? 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年06月5日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

ただいま、接骨院が内装工事の為、ご迷惑をおかけしております。m(_ _)m

もう少しで完了しますので、新しくなった院内にご期待ください。(^o^)

さて、今回は「治療期間について」のお話しです。

どれくらいで治るのか?って、気になりますよね。

上大岡やまだ接骨院では、始めに目安をお伝えしています。

もちろん目安には基準があり、何となくでお話ししているわけではありません。

回復までの目安を決める基準について、お話ししますね!

 

治療期間はどう決める?

簡単に言うと、治療期間は「ケガ・不調が治るまで」です。

当たり前ですよね。(^_^;)

何をもって、「治った」とするかは人それぞれなんです。

・痛みが無くなれば治った。

・とりあえず動かせるようになれば治った。

・再発しない身体になって治った。

どれも、その人にとっては「治った」です。

なので、上大岡やまだ接骨院では、どこまで治したいか?を確認します。

根本改善が当院のコンセプトなので、「再発しない身体」まで改善したら「治った」としていますが、患者さんのご希望に合わせてゴールを決めています。

では、基準について、肉離れを例にお話しします。

目安の基準

肉離れの場合、軽度・中等度・重度、と3段階で重症度を分けますが、中等度とします。

中等度の肉離れの「傷ついた筋肉の修復期間」は約1ヶ月です。

筋肉の修復が完了する2週間程前から、少しずつリハビリを始めます。

痛めた筋肉の柔軟性を取り戻す為です。

柔軟性が戻るまで約1ヶ月なので、1ヶ月半〜2ヶ月で通常の生活動作では、まず問題ない状態になります。

肉離れ(他のケガ・不調も)は1箇所の筋肉に集中的に負担がかかる事で起こります。

再発を防ぐ為には、1箇所に負担が集中しない身体に変える必要があります。

これは柔軟性だけでは足りないので、筋力を強くしなければいけません。(筋トレ)

筋力を強くするには、栄養の代謝の問題で2ヶ月は必要です。

ここまで変えられると、再発しない身体になります。

肉離れの治療期間をまとめると

  1. ケガ〜2週間・・・筋肉の修復
  2. 2週間〜・・・・・リハビリ開始
  3. 〜1ヶ月・・・・・筋肉の修復完了、筋トレ開始
  4. 〜1ヶ月半・・・・リハビリ完了(柔軟性)
  5. 〜3ヶ月・・・・・筋トレ完了

こんな流れになります。

筋肉の修復やトレーニングなど、治療内容に必要な期間が目安になります。

筋肉の修復は3日では絶対に終わりません。

トレーニングも1週間では筋肉付きません。

個人差はあっても、ある程度の目安があります。

それがそのまま基準になります。

・痛みが無くなれば良い人は、1ヶ月。

・とりあえず動けるようになれば良い人は、1ヶ月半。

・再発しない身体になりたい人は、3ヶ月。

以上が肉離れの目安です。

どこをゴールにするかは人それぞれです。

ただ、後で困惑しないように、ゴールを明確にしてから治療しましょうね!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

 

手首を捻ると痛い!(>_<) 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年05月28日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は「手首の痛み」についてのお話です。

「特に捻った覚えもないのに、だんだん手首が痛くなってくる。」

こんな症例があります。

しかも常に痛いわけではなく、捻じる様な動作をすると、たまにズキッと痛みが走るようです。

何が原因かと調べてみると、手首以外に問題がありました。

なぜ手首を捻ると痛いのか?

原因が分かると予防出来るので、上大岡やまだ接骨院に来院されたケースを例にお話します。

手首を捻ると痛い!

早速ですが、症例についてお話します。

・20代 女性 チア 左手首の痛み

チアの練習中に左手首に痛みを感じ、来院されました。

手首を曲げたり、捻ったりすると痛みを感じるけど、常に痛いわけではないとのことでした。

手首の状態を確認すると、確かに捻る・曲げる・伸ばすなどをしてみても、あまり痛みはありませんでした。

では、なぜ手首に痛みを感じるのか?

答えは「肩との連動」です。

 

まず、手首の機能から考えましょう。

手首は「曲げる・伸ばす・捻る」という機能があります。

色々な方向に動かせるんですよね。

これらの機能の中で、特に「捻る」が他の関節との連動します。

 

ちょっと試してみましょう。

肘を90度に曲げて、手のひらを上下に返してみてください。

これが手首の「捻る」動作です。

今度は肘を伸ばして、手のひらを上下に返してください。

これも手首の「捻る」動作ですが、実は手首だけではありません。

腕(肘から肩)を触りながら、捻ってみてください。

腕も少し捻じれていますよね。

肘を伸ばして捻ると、肩を「捻る」動作も含まれるんです。

このように、手首を捻じる時は、肩も一緒に連動させて捻じります。

 

話を戻しますが、チアをされている患者さんは左肩が内側に捻じれていました。

骨盤にも問題があって、左肩だけ内巻きになってしまっていたんですね。

腕を内向きで固定して、手首を返してもらうと痛みがありました。

手のひらを返す動作の時に、肩が連動せず、手首だけで捻っていたため、手首の痛みを感じていたということです。

 

スポーツだけに関わらず、手首を捻る動作は日常生活でよく行う動作です。

ドアノブを回す、買い物袋を手に持つ、お風呂でお湯をかき回す、などたくさんありますよね。

普段から肩の捻じる機能をストレッチ等でケアしておけば、手首を傷めなくて済みます。

チアの患者さんも、ケガを我慢して長期離脱してしまったチームメイトを見て、早めに処置しようと考えたそうです。

手首が痛いから、手首に原因があるとは限りません。

原因からしっかり改善しましょうね!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

産後の股関節の痛み 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年05月26日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は「産後の股関節の痛み」についてのお話です。

産後から股関節の周りに痛みを感じるママさんは多いです。

産後なので、骨盤の歪みのせいかな?と思われる方が多いですが、骨盤以外の問題のこともあります。

歩いたり立ち上がったりする度に、股関節が痛いのは辛いですよね。(>_<)

上大岡やまだ接骨院に来院されたケースを例にお話します。

 

産後の股関節の痛み

まず、股関節とはどんな関節でしょうか?

下図をご覧ください。

赤丸が股関節です。

股関節は「骨盤」と「大腿骨」で作られている関節です。

骨盤がヘルメット、大腿骨が頭、という関係で、ヘルメット(骨盤)に頭(大腿骨)が深くはまり込んでいます。

体重を支えるので、骨だけでもかなり安定するように出来ています。

ちなみに肩関節はこんな感じです。

ほとんどはまってないですよね。

 

では、股関節の周りの痛みは何が原因で起きるのでしょうか?

関節の問題

産後に多いのが、この「関節の問題」です。

産道を作るために、ホルモンの影響で骨盤が開きます。

出産後6カ月くらいで、ゆっくり元の状態に戻っていきますが、その間に骨盤が歪み、大腿骨とのはまり方がずれてしまい、股関節に痛みを感じます。

この場合は骨盤矯正を行うと、股関節の痛みが楽になります。

 

筋肉の問題

股関節は曲げる・伸ばす・捻じるなど、色々な方向に動きます。

ぐるぐる回せますよね。

色々な方向に動かすにはそれだけ多くの筋肉が必要になります。

いくつもある筋肉に負担がかかり、股関節の痛みを感じます。

実際に上大岡やまだ接骨院に来院されたケースをご紹介しますね。

 

20代 女性 産後3ヶ月

歩いていて股関節と周りに痛みを感じたため、来院されました。

状態を確認すると、「大殿筋」というお尻の筋肉が原因でした。

出産に伴う骨盤の歪みも含まれてましたが、お話を伺うと、それよりも普段の座り方に問題がありました。

常に偏って座るクセがあり、片方のお尻に体重をかけて座っていました。

そのため、お尻の筋肉が硬くなり、歩くときに体重をかけると痛みが出てしまう状態でした。

「筋肉の問題」の時は、硬くなっている筋肉を柔らかくしたり、周りの筋肉を使えるようにリハビリすると痛みが取れます。

 

産後だからといって、必ず「骨盤の歪み」に原因があるとは限りません。

先入観を持たずに、何が原因かを見極めることが大事です。

歩くと股関節が痛い、立ち上がる時に痛い、と感じたら、様子を見て悪化させてしまう前に、一度ご相談くださいね。

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

筋肉痛?それとも、、、 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年05月25日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は「筋肉痛」についてのお話です。

「筋肉痛だと思って、様子を見てたら痛みが引かない、、、」

こんな経験ありませんか?

実際に患者さんからよく言われることなんです。

筋肉痛とケガの境界線って難しいですよね。(^▽^;)

何を基準に判断したらいいか、簡単なチェック法をお話しますね!

筋肉痛?ケガ?

筋肉痛はなぜ起きるのかというと、筋肉に負荷を与えることで筋線維が壊れ、修復させようと血液が集まり、「炎症」という反応が起きるからです。

つまり、筋肉を治す反応です。

てことは、筋肉痛もケガの痛みも一緒じゃん、と思いますよね。

そうです、一緒なんです。

「治す反応」という意味では。

では、何が違うかというと、筋線維の傷め方です。

筋肉は、細い筋線維が束になって一本にまとまり、その一本がさらに束になって筋肉になります。

細い筋線維の一部が傷つくと「筋肉痛」になります。

筋線維がまとまった「束」が切れてしまうと「ケガ」になります。

つまり、傷つく筋繊維の数によって分かれるということです。

では、筋肉痛とケガの見分け方を「肉離れ」を例にお話します。

「肉離れ」の傷め度合を基準に考えると、分かりやすいです。

「肉離れ」は、筋線維、筋線維を包む筋膜、腱といった組織を傷つけてしまうケガのことです。

1度(微細損傷)、2度(部分損傷)、3度(完全断裂)の3段階に分けられます。

1度と筋肉痛の境がとても微妙なんですよね。

上大岡やまだ接骨院では、どのように分けているかというと、「筋肉のどこに痛みがあるか」と「筋肉に力を入れた時の痛み」で分けています。

太ももの裏で説明しますね。

 

・筋肉のどこに痛みがあるか

「肉離れ」では、局所的に筋線維を傷めていることがほとんどです。

筋線維の強い伸縮で瞬間的に傷めているからです。

一方、「筋肉痛」では、広範囲で痛みを感じます。

トレーニングで、繰り返し負荷をかけて少しずつ筋線維が傷つくので、範囲が広くなります。

もも裏の一点だけ押して痛みがあれば「肉離れ」上下にずらして押しても痛みがあれば「筋肉痛」です。

 

・筋肉に力を入れた時の痛み

もも裏の筋肉は「膝を曲げる」機能があります。

私が足を持って、膝を曲げる様にもも裏に力を入れてもらいます。

この時に局所的に痛みがあれば「肉離れ」もも裏全体に痛みがあれば「筋肉痛」です。

 

 

上記の区別の他に、期間もある程度の目安になります。

筋肉痛は長くても1週間で痛くなくなります。

1週間以上痛みが持続する場合は肉離れなど、負傷している可能性があります。

あくまで目安なので、局所的で痛みが持続したら、すぐに受診してくださいね。

ケガの放置は本当に回復が長引きますよ!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

1 2 3 4 5 6 27