筋肉痛?それとも、、、 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年05月25日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は「筋肉痛」についてのお話です。

「筋肉痛だと思って、様子を見てたら痛みが引かない、、、」

こんな経験ありませんか?

実際に患者さんからよく言われることなんです。

筋肉痛とケガの境界線って難しいですよね。(^▽^;)

何を基準に判断したらいいか、簡単なチェック法をお話しますね!

筋肉痛?ケガ?

筋肉痛はなぜ起きるのかというと、筋肉に負荷を与えることで筋線維が壊れ、修復させようと血液が集まり、「炎症」という反応が起きるからです。

つまり、筋肉を治す反応です。

てことは、筋肉痛もケガの痛みも一緒じゃん、と思いますよね。

そうです、一緒なんです。

「治す反応」という意味では。

では、何が違うかというと、筋線維の傷め方です。

筋肉は、細い筋線維が束になって一本にまとまり、その一本がさらに束になって筋肉になります。

細い筋線維の一部が傷つくと「筋肉痛」になります。

筋線維がまとまった「束」が切れてしまうと「ケガ」になります。

つまり、傷つく筋繊維の数によって分かれるということです。

では、筋肉痛とケガの見分け方を「肉離れ」を例にお話します。

「肉離れ」の傷め度合を基準に考えると、分かりやすいです。

「肉離れ」は、筋線維、筋線維を包む筋膜、腱といった組織を傷つけてしまうケガのことです。

1度(微細損傷)、2度(部分損傷)、3度(完全断裂)の3段階に分けられます。

1度と筋肉痛の境がとても微妙なんですよね。

上大岡やまだ接骨院では、どのように分けているかというと、「筋肉のどこに痛みがあるか」と「筋肉に力を入れた時の痛み」で分けています。

太ももの裏で説明しますね。

 

・筋肉のどこに痛みがあるか

「肉離れ」では、局所的に筋線維を傷めていることがほとんどです。

筋線維の強い伸縮で瞬間的に傷めているからです。

一方、「筋肉痛」では、広範囲で痛みを感じます。

トレーニングで、繰り返し負荷をかけて少しずつ筋線維が傷つくので、範囲が広くなります。

もも裏の一点だけ押して痛みがあれば「肉離れ」上下にずらして押しても痛みがあれば「筋肉痛」です。

 

・筋肉に力を入れた時の痛み

もも裏の筋肉は「膝を曲げる」機能があります。

私が足を持って、膝を曲げる様にもも裏に力を入れてもらいます。

この時に局所的に痛みがあれば「肉離れ」もも裏全体に痛みがあれば「筋肉痛」です。

 

 

上記の区別の他に、期間もある程度の目安になります。

筋肉痛は長くても1週間で痛くなくなります。

1週間以上痛みが持続する場合は肉離れなど、負傷している可能性があります。

あくまで目安なので、局所的で痛みが持続したら、すぐに受診してくださいね。

ケガの放置は本当に回復が長引きますよ!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform