肉離れを放置したケース 横浜市港南区上大岡やまだ接骨院

2018年03月12日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

昨日は夜中~明け方がもの凄い雨風でしたね。(>_<)

まさに「暴風雨」という感じでした。

今日は一転、晴れて良かったです。(^O^)

気温の上下も激しいので、皆様、体調にはくれぐれもお気を付けください。

さて、今回は「肉離れを放置したケース」についてのお話です。

肉離れ後も運動を続けたり、処置をしなかった場合、どんな状態になってしまうのか?

絶対に放置しない方がいいので、参考になるように実際のケースをお話します。

 

肉離れを放置すると、、、

・20代 男性 横浜市港南区
 ローラースケートで肉離れ

ローラースケート中に、バランスを崩して足が前後に開いてしまい、もも裏(ハムストリングス)を肉離れしました。

痛みはあったが、その後も続け、他のスポーツもしてしまい、約2週間特に処置をせずに様子を見ていたが痛みが引かないため、やまだ接骨院に来院されました。

主な症状は以下の通りです。

  1. 歩くと痛い
  2. 力が入らない
  3. もも裏を伸ばせない
  4. もも裏を押すと痛い

では、状態についてご説明します。

肉離れしていたのは、もも裏の「半腱様筋」という筋肉でした。

筋肉の部分断裂で、2型損傷(中等度)でした。

※肉離れの分類はこちらをご覧ください。
⇨⇨⇨ 肉離れの見極め方 やまだ接骨院公式ブログ

図で見てみましょう。

 

青いところが「半腱様筋」です。

で囲んでいるところが肉離れした部分です。

ただし、押すと痛い部分は以外の上下にまでありました。

筋肉は輪ゴムの束みたいなもので、寄り集まったゴム(筋線維)が伸び縮みすることで力を発揮します。

「肉離れ」では、ゴム(筋線維)の一部が切れているので、切れた部分を補うように上下の筋線維が伸び縮みします。

つまり、「肉離れ」した状態で運動してしまうと、切れた筋線維の上下の部分に過負荷がかかり、上下の筋繊維まで傷めてしまいます。

図の以外のところまで痛みがあるのは、これが理由です。

 

通常ならすぐに処置をすれば、2週間で痛みはほとんど無く歩けます。

正しい処置をしなかった上に、運動してしまったことで、余計なところまで範囲を広げて傷めてしまっていました。

こうなると、2型損傷(中等度)で約1ヵ月の修復期間が、2ヶ月以上に延びてしまいます。

また、筋線維は部分断裂してしまうと、元通りには治りません。

「再生」ではなく「修復」なので、傷めたところを穴埋めするイメージです。

筋肉の収縮率が落ちてしまいますから、当然筋力も落ちます。

周りの筋線維まで傷めてしまえば、より筋力が落ちてしまいますので、絶対に放置しないでください。

受診して、損傷具合を正しく判断してもらうようにしましょう。

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体院、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

交通事故はもちろん、スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労まで、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform