歩いているとすぐに疲れる、、、 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年05月12日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

すぐに歩き疲れるけど、休むとまた歩き出せる。

これって、ただ体力が無いと思っていませんか?

実は「脊柱管狭窄症」というものの代表的な症状です。

自分では単なる歩き疲れと思っていても、体力だけが問題ではなく、背骨の神経の問題であることがあります。

今回は「脊柱管狭窄症」について、お話します。

 

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症って名前だけは聞いたことはあるかもしれませんね。

専門用語は分けて考えると、分かりやすいです。

まず「脊柱管」

脊柱管とは、背骨のトンネルのことです。

背骨はブロックの様な骨が縦に並んでいます。

また背骨を上から見ると、首から腰まで穴がトンネルのように繋がっています。

これは脳から始まる「脊髄」という神経の束を通しているからです。

次は「狭窄症」

狭窄とは、狭くしぼることです。

何らかの原因で狭くなり症状が出てしまうことを「狭窄症」と言います。

つまり、背骨のトンネルが何らかの原因で狭くなり、脊髄(神経)がしぼられることで刺激され、痺れや痛みなどの症状が出てしまうことを「脊柱管狭窄症」と言います。

 

歩くと疲れてきて、休むとまた歩ける。

これは「間欠性跛行」という脊柱管狭窄症の特徴的な症状です。

立って歩いていると、背骨が後ろに倒れ、だんだん脊髄が圧迫されていきます。

足を動かす神経に「動け」と命令が伝わらなくなるので、力が入りづらくなってしまいます。

座って休むと、背骨が前に倒れるので、脊髄の圧迫が無くなり、力が入るようになるので歩けるようになります。

これが「間欠性跛行」のメカニズムです。

神経の圧迫が原因なので、全然、体力関係ないですよね。(^▽^;)

 

脊柱管狭窄症になってしまう原因は様々です。

よく加齢のせいなんて言われますが、違うことの方が多いです。

筋力低下や姿勢の変化などが挙げられます。

筋力低下は年のせいじゃないの?と思われるかもしれませんが、年のせいで筋力が低下して、脊柱管狭窄症になるなら、同い年の方は全員ならないとおかしいですよね。

長期間、運動習慣がなかったり、お仕事でデスクワークを続けていたりすることで、結果筋力が落ちて、姿勢を支えられず、発症します。

出来ることなら、落ちきる前に筋力を取り戻したいですね。

早い段階なら、リハビリ(トレーニング)で十分取り戻せます。

筋肉を増やすことは大変ですが、筋力を維持すること・引き出すことは難しくありません。

100%を110%にすることは大変です。
時間もかかります。

しかし、50%しか使えていない筋力を100%引き出すことは年齢に関わらず可能です。

姿勢を支えられるだけの筋力は維持しましょうね!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform