骨盤矯正で大事なこと 横浜市港南区上大岡やまだ接骨院

2018年02月27日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

最近、俳優さんの心不全のニュースが目に付きます。

季節の変わり目で、湿度・気温の変化が大きく、身体へ負担がかかりやすい時期ですね。

皆様、体調にはくれぐれもお気を付けください。<m(__)m>

 

さて、今回は「骨盤矯正で大事なこと」についてのお話です。

「骨盤矯正」という言葉はよく聞かれるようになりましたが、実際に意味を持って施術しているかは正直、疑問です。

「骨盤矯正」とは、どんな意味があるのか?

また、どんな状態の方に必要なのか?

そんなところをお話します。

 

骨盤矯正で大事なこと

やまだ接骨院にも「骨盤矯正」を希望されて、来院される方はたくさんいます。

やはり多いケースは「産後の骨盤矯正」です。

しかし「産後の骨盤矯正」を希望されても、骨盤矯正しないこともあります。

その理由は「症状」「原因」にあります。

実際に来院されたケースでお話しますね。

 

・30代 女性 横浜市港南区 産後からの股関節痛

骨盤矯正を希望されて来院されました。

お話伺うと、産後から股関節が痛くなったので、骨盤の歪みが原因かと思って来院したとのことでした。

状態を確認したところ、原因は「骨盤の歪み」ではなく「背中」にありました。

骨盤に原因がないので、当然「骨盤矯正」はせず、背中の施術を行い、しっかり改善しました。

 

「産後」という状況から「骨盤矯正が有効」という発想になったと思いますが、必ずしも「骨盤の歪み」が原因とは限りません。

スタイルアップやダイエットでも「骨盤矯正」が一つの方法になっていますが、同様の理由で、骨盤の歪みより、必要なところのトレーニングをした方が、はるかに有効だったりします。

今回のタイトルの「骨盤矯正で大事なこと」とは、「なぜ、骨盤矯正をするのか?」を考えてほしいということです。

「骨盤矯正したい」と考えるのは、身体の不調だったりダイエットだったりと「目的」があるからですよね?

「骨盤矯正」が「目的」になってしまうと、元々何がしたかったのかが分からなくなってしまいます。

これはスポーツでも言えることで、上手になりたいと考えて筋力トレーニングしているのに、筋肉が太くなることが楽しくなってしまって、実際には競技に関係ない筋肉ばかり強化してしまい、むしろパフォーマンスが低下してしまうことがあります。

「パフォーマンスアップが目的」の筋トレが、「筋トレ自体が目的」の筋トレです。

これでは本末転倒ですよね。

「骨盤矯正」は何らかの目的を達成するための一つの「手段」です。

骨盤の歪み・傾きがあるなら、「骨盤矯正」はとても有効なことに間違いありません。

自分の目的に合わせて、「骨盤矯正」しましょうね!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体院、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労まで、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform