交通事故による負傷について! 横浜市港南区上大岡やまだ接骨院

2018年03月10日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は「交通事故による負傷について」のお話です。

交通事故で多い負傷に「むち打ち」があります。

「むち打ち」で首や肩を傷めてしまった時に、ただマッサージすれば良いかというと、かえって痛みが悪化してしまうことがあります。

どのように対処するのが良いのか?

やまだ接骨院に来院された実際のケースも含めてお話します。

 

交通事故による負傷(むち打ち)

まずは実際のケースをご紹介します。

・40代 女性 横浜市港南区
 後方から追突されて「むち打ち」

高速道路を走行中に、後ろから追突されて「むち打ち」になりました。

交通事故の直後は、首・肩に痛み等を感じていませんでしたが、徐々に違和感が出て、首から肩にかけて痛みを感じたそうです。

主な症状は次の3つです。

  1. 首の違和感
  2. 首から肩にかけての痛み(首の上下)
  3. 首が回しにくい

交通事故による負傷は「むち打ち」に限らず、時間が経ってから痛み・違和感を感じることがよくあります。

事故直後は、気が動転していたり、パニックになってしまうこともあるので、自分の身体へ意識が向かない為です。

1週間ほどなら、あとから症状が出ることがありますので、疲れかな?と思わず、きちんと受診しましょう。

 

では、状態についてお話しますね。

この患者さんの場合は、左の首と肩の筋肉を傷めていました。

首の回しにくさは全ての方向ではなく、左に首を倒すときに「引っかかり」を感じていました。

後ろから衝撃を受けて、なぜ片側を傷めたかというと、元々の「身体のバランス」にあります。

身体のバランスを確認させて頂いたところ、やや左に捻じれている状態でした。

真っすぐ座っているつもりでも、身体は左に捻じれているので、左右同じように衝撃を受けないんですね。

結果、左の首~肩を傷めていました。

このような状態の場合は、ただ首・肩をマッサージしたり電気をかけたりしても、あまり効果がありません。

この患者さんは「骨盤」にバランスを悪くする原因があったので、骨盤から改善しました。

首・肩に痛みがあっても、改善するためには他の部分から変える必要があることもあります。

もちろん、患者さんにはきちんとご説明した上で、他の部分も施術します。

こちらの女性も、理由をご説明し、骨盤から改善した結果、「むち打ち」は早期に改善することができました。

また、以前に時々あった「肩こり」も出なくなったと喜んでくださいました。

 

「むち打ち」といっても、症状の出方や痛みの改善方法は人それぞれです。

同じ伸長・体重・体型・性別の人が交通事故に遭うわけではないですからね。

万が一、交通事故に遭ってしまった場合は、自分の身体に合った処置をしてもらいましょう。

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体院、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

交通事故はもちろん、スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労まで、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform