肘の痛み(捻挫) 横浜市港南区上大岡やまだ接骨院

2018年03月27日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

甲子園始まりましたね~。

でも、正直それより神奈川県春季大会の方が気になります。(笑)

高校生の患者さんが出ているので、できることなら、みんなに勝ち上がってもらいたいです。(^-^)

さて、今回は肘の捻挫についてのお話です。

肘なんて捻挫するの?と思うかもしれませんが、結構あるんですよー。(^▽^;)

しかも、誰もがよくやる動作で捻挫するので、実際のケースもお話しますね!

 

肘の痛み(捻挫)

肘の構造を見てみましょう。

※図は左肘を正面から見ています。

肘には関節が3つあります。

  1. 腕橈関節・・・上腕骨と橈骨の関節。肘の曲げ伸ばし+捻じる時に動きます。
  2. 腕尺関節・・・上腕骨と尺骨の関節。肘を曲げ伸ばしする時に動きます。
  3. 橈尺関節・・・橈骨と尺骨の関節。肘を捻じる時に動きます。

それぞれの役割がありますが、この中で腕橈関節の捻挫について、実際に上大岡やまだ接骨院に来院されたケースをお話します。

 

40代 女性 港南区在住 右肘の捻挫

買い物帰りに、荷物が入ったビニール袋を肘から持ち変えようとして、「パキッ」と音が鳴った感覚があり、痛みを感じたそうです。

それから、曲げ伸ばしや力を入れて捻じる時に右肘の痛みが取れず、やまだ接骨院に来院されました。

状態を説明しますね。

  • 肘の曲げ伸ばし、捻じる時に痛い
  • 肘のくぼみに痛みがある
  • 力を入れなければ、痛みは無く違和感くらい

このケースの場合、持ち変える時に右肘を捻挫してしまったわけですが、「ビニール袋を持ち変える」動作で捻挫するケースは多いんです。

しかも、手ではなく肘にかけていた場合が多いです。

肘にかけた時に多い理由があります。

ちょっと思い出してほしいのですが、

あなたは肘にビニール袋をかける時ってどうやって持ちますか?

画像

こうやって持ちません?

画像

こうは持ちませんよね?

手の向きの問題なのですが、力が入って安定するので手のひらを返した持ち方になります。

ちょうどビニール袋が引っかかる位置に腕橈関節(橈骨の先端)があるので、支点になってしまい、捻挫します。

ちなみに小さい子が肘を外してしまう(亜脱臼する)関節が「腕橈関節」です。

元々、他の関節と比べて不安定な関節なので、ずれやすいんですね。

腕橈関節を捻挫してしまった時は「靱帯損傷」と「関節のずれ」が起きているので、ちゃんと関節の位置を直してあげないと、なかなか痛みが引きません。

ちょっとした動作で「イテッ!」となるので、大したことないだろうと放置してしまいがちですが、痛み・違和感が残りやすいところなので、しっかり治しましょう。

また「ビニール袋の持ち変え」には十分気をつけてくださいね!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体院、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform