交通事故による負傷について! 横浜市港南区上大岡やまだ接骨院

2018年03月10日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は「交通事故による負傷について」のお話です。

交通事故で多い負傷に「むち打ち」があります。

「むち打ち」で首や肩を傷めてしまった時に、ただマッサージすれば良いかというと、かえって痛みが悪化してしまうことがあります。

どのように対処するのが良いのか?

やまだ接骨院に来院された実際のケースも含めてお話します。

 

交通事故による負傷(むち打ち)

まずは実際のケースをご紹介します。

・40代 女性 横浜市港南区
 後方から追突されて「むち打ち」

高速道路を走行中に、後ろから追突されて「むち打ち」になりました。

交通事故の直後は、首・肩に痛み等を感じていませんでしたが、徐々に違和感が出て、首から肩にかけて痛みを感じたそうです。

主な症状は次の3つです。

  1. 首の違和感
  2. 首から肩にかけての痛み(首の上下)
  3. 首が回しにくい

交通事故による負傷は「むち打ち」に限らず、時間が経ってから痛み・違和感を感じることがよくあります。

事故直後は、気が動転していたり、パニックになってしまうこともあるので、自分の身体へ意識が向かない為です。

1週間ほどなら、あとから症状が出ることがありますので、疲れかな?と思わず、きちんと受診しましょう。

 

では、状態についてお話しますね。

この患者さんの場合は、左の首と肩の筋肉を傷めていました。

首の回しにくさは全ての方向ではなく、左に首を倒すときに「引っかかり」を感じていました。

後ろから衝撃を受けて、なぜ片側を傷めたかというと、元々の「身体のバランス」にあります。

身体のバランスを確認させて頂いたところ、やや左に捻じれている状態でした。

真っすぐ座っているつもりでも、身体は左に捻じれているので、左右同じように衝撃を受けないんですね。

結果、左の首~肩を傷めていました。

このような状態の場合は、ただ首・肩をマッサージしたり電気をかけたりしても、あまり効果がありません。

この患者さんは「骨盤」にバランスを悪くする原因があったので、骨盤から改善しました。

首・肩に痛みがあっても、改善するためには他の部分から変える必要があることもあります。

もちろん、患者さんにはきちんとご説明した上で、他の部分も施術します。

こちらの女性も、理由をご説明し、骨盤から改善した結果、「むち打ち」は早期に改善することができました。

また、以前に時々あった「肩こり」も出なくなったと喜んでくださいました。

 

「むち打ち」といっても、症状の出方や痛みの改善方法は人それぞれです。

同じ伸長・体重・体型・性別の人が交通事故に遭うわけではないですからね。

万が一、交通事故に遭ってしまった場合は、自分の身体に合った処置をしてもらいましょう。

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体院、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

交通事故はもちろん、スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労まで、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

交通事故について 横浜市港南区上大岡やまだ接骨院

2018年02月26日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

オリンピック終わりましたね~。

最後にカーリング女子とスピードスケートのマススタートでメダル獲得。!(^^)!

なんだかんだであっという間でしたが、女子の活躍が目立ったようなオリンピックでしたね。

男子もメダルを獲っていますが、女子の方が、特に後半は印象に残っているんでしょうね。

これからは野球シーズンに入ります!

少しずつ温かい日も出てきたので、身体動かしましょう。( ̄▽ ̄)

さて、今回は「交通事故に遭ってしまった時の首の痛み」についてのお話です。

交通事故で追突されてしまった場合など、首に痛み・違和感を感じることがあります。

「むち打ち」という症状は聞いたことがあると思いますが、「むち打ち」の仕方も様々で、状態に応じた処置をしないとなかなか改善しません。

ただでさえ交通事故は、車の修理や手続きでバタバタするのに、首の痛みも一向に変わらないのでは最悪ですよね。(>_<)

実際に、やまだ接骨院に来院されたケースをお話します。

 

交通事故で「むち打ち」になってしまった

・30代 男性 横浜市港南区 交通事故で「むち打ち」

駐車場で停車中に、後ろから追突されてしまい「むち打ち」になってしまいました。

症状は首の痛み・違和感、手に痺れもありました。

衝撃を受け、首がガクッと前後したことにより、主に「首の筋肉」を傷めていました。

この「首の筋肉」というものが厄介で、ちょっと首の筋肉を見てみましょう。

青いラインの内側が全て首の筋肉です。

首の筋肉だけでも、いっぱいあるんです。

どの筋肉を傷めても、首を前後して傷めれば「むち打ち」になります。

でも、どの筋肉を傷めるかで症状は全然違います。

やまだ接骨院に来院された男性の場合は、首の「前側の筋肉」を傷めていた為、前側の筋肉の中を通る「神経」が刺激を受けて「痺れ」を感じていました。

なので、前側の筋肉を改善することで「痺れ」は治まっていました。

これがもし前側ではなく、後ろ側の筋肉だったら「痺れ」は感じなかったかもしれません。

もしくは、レントゲン検査等で首の骨(頸椎といいます)に異常が無かったら、様子見で放置されていたかもしれません。

同じ「むち打ち」でも、状態は人それぞれです。

元々の身体のバランスも考慮する必要があり、「むち打ち」の一言でまとめてしまうのは非常に怖いです。

交通事故に遭わないことが一番ですが、もし交通事故に遭ってしまって「むち打ち」になったら、どの筋肉、神経、関節、骨が傷んでいるのか、しっかり診断してもらいましょう。

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体院、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

交通事故はもちろん、スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労まで、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

交通事故に遭ってしまったら、、

2017年12月30日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

年の瀬が迫ってきましたね~~。

あっという間に年末ですが、毎日寒いです。(>_<)

年末年始で帰省される方も多いと思いますが、交通手段は新幹線、自動車、飛行機など様々ですね!

東北や日本海側では大雪で、高速道路の通行止めや新幹線の運転見合わせも出ていました(;゚Д゚)

横浜で研修していて来年から地元の東北に就職する後輩が、31日に車で東北に帰ると言っていたので、無事に帰れるかちょっと心配です。(^^;)

普段はお仕事でなかなか運転が出来ず、休日だけ運転する方は特に運転要注意ですね。

慣れない帰省先の道、渋滞の高速道路、イライラしている他のドライバー、、、

連休は危険がいっぱいです。

というわけで今回は「交通事故に遭ってしまったら、、」です。

当然ですが、どう対応していいか分からないと思いますので、万が一、事故に遭ってしまった時に自分ならどう行動するかを想定して、読んでみてください。

 

交通事故に遭ってしまった時にまずやるべきこと

まずは「落ち着くこと」です。

いきなりのことで気が動転し、パニックになってしまいますが、一度呼吸をして周りを見渡しましょう。

自分も含めてですが、同乗者がいたら安否確認してください。

出血など外傷があったら、すぐに119番通報してください。
状況確認されるので、状況を伝えれば適切な対処を教えてくれます。

人の命・身体より大事なことはありませんので最優先です。

 

安全を確保したら、次に110番です。なるべく早く警察に連絡してください。

交通事故に遭った証明をしてくれますので、後で「やった・やらない」にならない為にも必ず通報しましょう。

本来は加害者に連絡義務がありますが、減点や免許停止、飲酒など、面倒になるのが嫌で、その場で収めようとする人もいます。

迷わず警察に連絡しましょう。

 

ここまで行動できると気持ちも少し落ち着いてくるので、相手(加害者)の連絡先や車のナンバーを確認します。

保険会社や相手とやりとりするためには、お互いの情報をきちんと伝えあわなければいけません。

 

ここからは身体のお話です。

交通事故直後は先にもお話した通り、突然のことで気が動転してしまいます。

例えば、後ろから追突されて「むち打ち症」になってしまっていたとしても、2~3日症状が出ないこともあります。

症状ないから大丈夫だなーと考えていると、しばらくしてから身体のあちこちに痛みや違和感などの症状が出てくることがあります。

1週間くらいは様子を見て、少しでも症状を感じるようなら、すぐに整形外科や接骨院に受診しましょう。

また、「物損事故」ではなく「人身事故」の扱いにすることも必要です。

「物損事故」では、「もの」に対しての補償しかされません。

「人」に対しての補償は無く、治療費とは別の「慰謝料」も請求できなくなりますので、身体に異常を感じた場合は必ず「人身事故」の扱いにしましょう。

 

年末年始は本当に交通事故が多いので、皆様十分にお気を付けくださいね!

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院をお探しの方は上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

交通事故について!

2017年12月12日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

真冬の寒さが続きますねー(+_+)

今日は少し緩むらしいですが、明日以降はまた寒い、、、

12月も中旬ですから当たり前ですよね。(^▽^;)

年末は皆さんお出かけされるでしょうか?

産後の骨盤矯正で通院されている患者さんも、帰省される方がいらっしゃいます。

私としては赤ちゃんに会えなくなるので寂しいです、、 笑

帰省中に慣れない道を運転したり、年末年始の渋滞に巻き込まれたりすると、交通事故に遭ってしまうリスクが高くなります。

やまだ接骨院でも、交通事故により負傷されている患者さんは来院されていますので、皆様、くれぐれも気を付けください。<m(__)m>

というわけで、今回は交通事故についてのお話です。

交通事故について!

交通事故の負傷で多いものに「むち打ち」「腰の捻挫」があります。

・車に乗車中に後方から追突される

・自転車に乗っていて、曲がってきた車にひかれてしまう

以上の様な理由で負傷してしまいます。

車にぶつかられるというのは、かなりの衝撃です。

「10~20キロくらいのスピードだったから大丈夫」と言われる方がいますが、大体の方は2~3日してから痛みを訴えてきます。

自分が歩いていて、よそ見で人とぶつかるだけでも転んでしまうくらいの結構な衝撃ですよね?

交通事故で負傷して、身体にダメージを受けないなんてことはほとんどありません。

さらに、交通事故に遭う前の状態も影響します。

以前にこちらでもお話していますので読んでみてください。
「交通事故のダメージ」↓↓↓↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/blog/category/jiko/

 

普段お仕事や家事で、身体には「歪み」や「捻じれ」が出来ています。

そこに交通事故の衝撃が加わると、関節や靱帯、筋肉に大きなダメージとなります。

運動がなかなかできていない場合、傷めた時の修復開始に時間がかかるため、痛みなどの症状が遅れて出てきます。

急に運動して、筋肉痛が2~3日して出てくるのと同じ理屈ですね。(^^;)

交通事故に遭われてしまった時は症状の有無に関わらず、すぐに病院等に受診しましょう。

また、あまり症状が無いと「人身事故」ではなく、「物損事故」の扱いにしてしまうことがあります。

「物損事故」は「モノ」に対してしか補償されず、「人」つまり「あなたの身体」に対しての補償がなく、慰謝料も発生しません。

身体を治すことが最優先ですから、被害を受けたことに対して、しっかり補償してもらうために必ず警察に届け出て、病院に受診し診断してもらいましょう。

 

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院をお探しの方は、やまだ接骨院までご相談ください。

やまだ接骨院では交通事故に対しての治療はもちろん、手続き等で分からないことがあれば、こちらで対応させて頂いております。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

交通事故のダメージ

2017年11月14日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は交通事故についてのお話です。

あまりブログでもお話していませんでしたが、
交通事故後の痛みや不調はすぐに感じないことが
多いんです。

2・3日後や1週間くらいしてから、

「首が痛くなってきた、、」

「手が痺れてきた、、」

などの症状を訴えて来院される方は珍しくありません。

交通事故直後に大丈夫でも、あとから痛くなってきた、

でも日にちが経ってしまったから、そのまま様子を
見よう、と放置してしまうと悪化してしまいます。

交通事故による不調も、早めの対処が大事です。

すぐに症状を感じない理由も含めてお話しますね。

交通事故のダメージ

交通事故で多いものは「追突」です。

車に乗っていて、後ろから追突されてしまった。

信号待ちで停車していて、などが多いですね(>_<)

 

追突された場合、どんなケガをするかというと

「むち打ち」です。

「むち打ち」は交通事故直後に症状が無くても、
しばらくしてから痛みを感じることがよくあります。

では、
なぜ時間が経ってから痛みを感じてくるのか?

 

一つ目の理由は、
「炎症」という反応が少しずつ出てくる
からです。

炎症とは、関節や筋肉等がダメージを受けると、
傷ついた組織に対して痛みや腫れ、熱感などを
起こす反応のことです。

炎症は少しずつ強くなり、48時間(2日間)くらい
続くので、始めの段階であまり感じていなくても、
2~3日して炎症が強くなってから痛みを感じます。

 

二つ目の理由は、
「身体のバランス」の問題です。

結構、というか、かなり見落とされがちですが、
交通事故に遭う以前の状態はとても大事です。

例えば、元々身体に捻じれるバランスがあるとします。

普段から足を組んでしまうような方ですね。

車の座席に真っすぐ前を向いて座っているつもりでも
身体は斜めを向いて座っています。

そこへ後ろから追突されると、前後の衝撃なのですが

首を横に捻ってしまう力が加わり、
捻挫してしまいます。

その後も、身体の捻じれにより、少しずつ傷めた首に
負荷がかかり、だんだん痛みが増していきます。

1週間くらいしてから痛みを感じる場合はこのような
理由が考えられます。

元々バランスが悪いってことは、
交通事故のせいじゃないの?

と聞かれますが、そんなことはありません。

本当に身体が左右対称で正しいバランスの人は
そういません。

誰でも多少のバランスの悪さを筋力や周りの関節の
柔軟性で補いあっているので、問題ないです。

交通事故の衝撃はかなり強いので、どちらにしろ
傷めてしまいますが、よりダメージを増加してしまう
一つに要因になるということですね。

見方を変えれば、身体のバランスを考えないで
治療すると回復が遅れることになります。

もし交通事故に遭ってしまった場合は、痛みをあまり
感じていなくても、様子を見ないで受診しましょう。

 

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院を
探しの方は、やまだ接骨院までご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

交通事故の施術について!②

2017年08月11日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

お盆休み始まりましたね~(≧▽≦)

ちなみにやまだ接骨院はお盆も診療してます!

ケガや不調に休みは関係ないですからね。(^^;)

さて、前回の投稿に続き、交通事故の施術について!です。

ちょうど高速道路が大渋滞してるってニュースで流れてましたね、、、

皆さん交通事故にはくれぐれもお気を付けください。

 

交通事故の施術について!②

ちょっと前回のおさらいです。

やまだ接骨院ではまず、

「どこのどんな組織が傷んでいるか」

「傷めた患部に負担がかかる要素」

この2つを確認します。

「傷めた組織」と「負担をかける要素」が確認できたら、次はもちろん治療です。

 

交通事故の衝撃は相当なものなので、やはり痛みが強いことも多いです。

基本的にケガや不調に対して、原因から根本改善することが重要ですが、痛みや首が回らないなどの症状が強いのに、原因改善しましょう!っておかしいですよね。

痛みが強かったら身体を休めることもできず、とてもストレスになります。

 

なので、まずは症状を抑える処置を行います。

具体的に言うと、

・包帯やサポーターなどの固定

・テーピングによる筋肉・関節の補助

・アキュースコープ(微弱電流)などの電療法

これらを主に行います。

筋肉が強張って、痛みを感じている場合は軽度のマッサージもします。

 

症状が治まってきたら、次は患部に負担をかける要素を改善していきます。

例えば、首が「むち打ち」になってしまったとして、元々身体に「左捻じれ」のバランスがあったとします。

すると、身体を捻じった状態で衝撃を受けるので、首の筋肉に対する負荷は左右で全く違います。

右は背中側の筋肉、左は首の前側の筋肉を傷めたりします。

 

元々のバランスが悪い場合、お仕事や日常生活で何かしらの「クセ」や「習慣」があるはずです。

交通事故でむち打ちになっているのに、捻じれを作る「クセ」や「習慣」がある生活動作をしたら、当然傷めているところに余計に負担がかかり、痛みの回復も遅れてしまいます。

 

「クセ」や「習慣」を変えるためには、同時に身体の状態も変えていく方が効率的なので、

柔軟性や筋力のバランスを改善することで、首への負担が減るので、むち打ちも早く回復するということに繋がります。

 

もし交通事故に遭われてしまった場合は、医療機関との連携も出来ますので、
すぐにご来院ください!

受傷後、すぐは症状が無くても、2~3日後に急に痛みが出てくることもあります。

大丈夫かな?と放置せずに早めの処置をしましょう。

 

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院をお探しの方は、やまだ接骨院までご相談ください。

状態に合わせて適切な処置を致します。

 

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

交通事故の施術について!①

2017年08月10日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

やまだ接骨院では、スポーツ外傷の患者さんが多いですが、

もちろん交通事故の治療もしっかり行っています。

先日、交通事故に遭われてしまった方から、「どんな治療をしますか?」と

お問合せがありました。

たしかに、、、

あまり交通事故の施術内容について、詳しく紹介してなかったんですよね。(>_<)

どんな内容か分からなければ、なかなか判断できませんので、

今回は交通事故の施術についてです!

交通事故の施術ついて!①

まず交通事故のケガで多いものですが、やはり「むち打ち」です。

停車中や渋滞で走行中などに後方から追突されて、首に衝撃がかかり、起こるものです。

 

では、早速本題に入ります。

やまだ接骨院で、交通事故の治療を行う際は、

まず最初に身体の状態を確認します。

 

仮に「むち打ち」と診断されていたとして、

・首の関節を傷めているのか?

・筋肉を傷めているのか?

・靱帯を傷めているのか?

・首だけではなく、背中の方まで傷めていないか?

など、どこのどんな組織が傷んでいるのか、しっかり確認します。

 

次に行うことは、傷めた患部に負担がかかる要素がないかを調べます。

・背骨の湾曲がある

・骨盤のバランスが悪い

・お仕事上、一日中座っている

など、姿勢や日常生活動作、習慣までお話を伺います。

 

「どこのどんな組織が傷んでいるか」は当然として、

「傷めた患部に負担がかかる要素」はあまり確認しないところが多いと思います。

というか、ほとんどの病院・接骨院でしていないと思います。

 

でも、「傷めた患部に負担がかかる要素」の確認はかなり重要です。

なぜなら、交通事故で負傷してしまった後に完治するまで、お仕事や家事を全くしないなんてことはほとんどないですよね?

また、身体のバランスが悪い状態だと、交通事故で受ける衝撃も分散せずに1か所に集中し、身体を傷めます。

そのままのバランスで患部を回復させるより、負担がかかりづらい状態の方が早く回復しますよね?

患部を回復させることはもちろん大事(大前提)ですが、悪化させないことも大事です。

 

以上の理由から、やまだ接骨院では交通事故の治療において、

「どこのどんな組織が傷んでいるか」

「傷めた患部に負担がかかる要素」

この2つをまず確認します。

 

次回は交通事故の施術内容についてお話しますね!

交通事故の施術について!②に続く

 

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院ではスポーツ障害、産後骨盤矯正、交通事故治療など

それぞれ専門の施術を行います!

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表