ヘルニアだから腰が痛い?

2018年01月19日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

久しぶりにまとまった雨が降りましたね~。

ずーっと空気が乾燥していたので、やっと少し潤いました。笑

乾燥すると、のどが痛くなったり、ウイルスも飛びやすくなるので風邪・インフルエンザには要注意です。(>_<)

さて、今回のテーマは「腰のヘルニアについて」です。

腰が痛くなってしまい整形外科に受診すると、レントゲン等の検査で「腰のヘルニア」と診断されることがあります。

つい先日も、やまだ接骨院に「腰のヘルニア」と診断されてから来院された患者さんがいました。

腰の痛みは本当にヘルニアが原因なのか?

やまだ接骨院に来院された患者さんを例にお話します。

ヘルニアだから腰が痛い?

腰が痛くて整形外科に受診し、「ヘルニア」と診断されたら、誰でも腰の痛みはヘルニアが原因なんだな、と考えます。

実際、やまだ接骨院に来院された患者さんも同じように考えていました。

身体の状態を確認して、施術後は痛みが改善しました、と喜んでくださいましたが、

さて、問題はヘルニアが腰痛の原因なら「痛みが改善した」ということは「=ヘルニアが改善した」ということでしょうか?

 

まず、ヘルニアについてお話します。

腰のヘルニアとは正確には「腰椎椎間板ヘルニア」と言います。

 

「腰椎椎間板ヘルニア」の画像検索結果 腰痛オンラインより引用

 

背骨の骨と骨の間にある軟骨を「椎間板」と言います。

椎間板はイカの刺身みたいなもので(本当に)、クッションの役割があるため、背骨からの圧力が高くなると潰れてきます。

全体が潰れるならいいのですが、一部分が潰れると横に飛び出してきます。

この飛び出してしまった状態を「ヘルニア」と呼びます。
(ちなみに脱腸は腸が飛び出すので「腸ヘルニア」と言います。)

飛び出した椎間板が、背骨の中を通る神経に当たってしまうと、痛みや痺れを感じます。

これが「腰のヘルニア」です。

 

腰痛の原因がヘルニアなら、施術によって痛みが無くなるということは、飛び出した椎間板が元の場所に凹んで戻ったのでしょうか?

これには2つの考え方があります。

 

①椎間板の出っ張りが少ない

椎間板があまり出っ張らず、膨らんでいる程度の状態なら、施術による背骨の角度の変化で圧迫は無くなります。

もう一度図を見てみましょう。

この図は髄核という椎間板の中身が、かなり出てしまっている状態です。

「腰椎椎間板ヘルニア」の画像検索結果

ここまで飛び出していると、そう簡単には元の位置には戻りません。

つまり図の状態の場合は、一度の施術でヘルニアが治るとは考えにくいです。

 

②腰痛がヘルニアのせいではない

意外かもしれませんが、この理由が多いと思います。

そもそも腰の痛み自体が「腰のヘルニア」によるものではないということです。

整形外科でヘルニアと診断されると、腰痛の原因はヘルニアなんだと、当然思いますよね。

ただ、ヘルニアは飛び出す方向、飛び出す程度によっては神経に当たらないので、無症状なことはよくあります。

痛みが以前から感じたり感じなかったりという場合は、ヘルニアが原因では無い可能性があります。

ヘルニアを治すのに期間がかかったり、時には手術なんて選択肢もある程なのに、日常生活で椎間板が急に飛び出したり凹んだりするなんて、おかしいですよね?

腰の筋肉や身体のバランス・姿勢など、他の理由で腰が痛いのに、ヘルニアと診断されたら、「原因はヘルニアなんだ」となってしまいます。

 

腰痛には色々な原因があり、複数の要因が重なって腰痛を感じていることもあります。

もちろん、その一つにヘルニアがありますが、決してヘルニアだけが原因とは限りません。

あなたの腰痛の原因が何なのか?を把握して、改善方法を考えましょう。

 

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院をお探しの方は上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

 

ランニングと腰痛(ヘルニア)

2017年11月26日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今の時期は気温が程よいので、各地でマラソン大会が

開催されていますね!(^O^)

青空の下、走ることはとても気持ち良いですが、
残念ながら気持ち良く走れない人もいます。(>_<)

練習段階で肉離れや腰痛、膝痛を起こしてしまうんですね。

ランニングでのケガ・障害が頻繁に起きる理由を
今回はヘルニア(腰痛)になってしまった症例から
お話しします。

 

ランニングと腰痛

夏以降、秋のマラソンイベントに向けての
トレーニング中に身体に故障を起こしてしまった
患者様が何人も来院されています。

どんなケガが多いかというと、

  1. 肉離れ(ふくらはぎ、もも裏)
  2. 膝痛(ランナーズニー)
  3. 腰痛

この3つが多いです。

なぜ、ランニングでこの様な故障が多いのか?

ランニングの特性を考えると理由が見えてきます。

 

ランニングの特性とは?

あなたは「歩く」と「走る」の違い、分かりますか?

「歩く」はどちらか片方の足が必ず地面に付いている動作、

「走る」は両方の足が地面から離れている瞬間がある動作。

つまり、「走る」はジャンプです。

ジャンプを繰り返しているので、当然、弾む時も
着地の時も大きな力がかかります。←肉離れ、膝痛

背骨に対して、地面から縦の衝撃が伝わります。←腰痛

 

さらに、「走る」はランニングとダッシュでも違います。

ダッシュは短距離を前方向に大きく進むことに力を使いますが、

ランニングは長距離を走るために、ペースが遅くなる
ため、上に弾み、横へのブレも大きくなりやすい
という特徴があります。

自転車に乗っていると、ゆっくり走る時はグラグラしますよね?

早く走る時は安定すると思います。

推進力の差ですね。(^▽^;)

 

先日もランニングしていて腰が痛くなってしまった、
と患者様が、やまだ接骨院に来院されました。

身体の状態と筋力・骨格バランスから、右側の腰に
負担がかかりやすくなっていた為、右側の神経痛と
足に脱力感を感じていました。

いろいろな要素がありますが、偏りがあるバランスに
縦の衝撃を繰り返し加えたことで、椎間板に圧力が
かかり、少しずつヘルニアになっていってしまったと
考えられます。

翌日に大会に参加しなければならないということ
だったので、骨格矯正と筋力トレーニングで、
症状を抑えて参加してもらいました。

痛みは無くなりましたが、本来ならしっかり施術と
リハビリでバランスを改善し、走るフォームを作り
直してから走るべきです。

原因を取り除かないと、恐らく、また痛み・痺れ等は
出てしまうでしょう。

腰を例に挙げましたが、
「ランニング」は縦の衝撃と
横ブレが起こりやすい運動です。

そこへ身体のバランスの悪さが加わると、ケガの
リスクが急激に上がります。

ランニングの特性を大まかでもいいので、理解して
から行うと、ケガ無く楽しく走れますよ(^-^)

もしどこか痛くなったら、すぐに受診してくださいね
(^▽^;)

 

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院を
お探しの方は、やまだ接骨院まで、ご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

腰のヘルニアとは?

2017年04月25日

こんにちは!

横浜市港南区上大岡で骨盤矯正・野球専門治療・オーダーメイド治療を行っております、
やまだ接骨院です。

今日のテーマは

腰のヘルニアとは? です!

みなさん、腰痛の理由にヘルニアってよく聞くと思います。

でもどんなものかはよく分からないですよね。

患者さんからも病院で以前にヘルニアと診断されましたが、あまり説明がなかったとのお話しをよく聞きます。

ちょっと言葉のお勉強になってしまいますが、「ヘルニア」とは
本来あるべき部分から飛び出した・逸脱した、という意味です。

例えば脱腸は、鼡径(そけい)部に腸の一部が飛び出てしまうので、鼡径ヘルニアと言います。

では、腰のヘルニアは?

腰のヘルニアのことを正確には「腰椎椎間板ヘルニア」と言います。

もう分かりますよね?

腰の椎間板の一部が飛び出てしまうことが、腰のヘルニアになります。

 

      椎間板ヘルニアの病態 日本整形外科学会より引用

 

上の図は縦に並んでいる背骨の骨の1個です。

木の年輪のようなところが椎間板です。

その一部(青いところ)が飛び出し、神経(黄色いところ)に触れてしまうと
お尻や足に痛みや痺れといった症状を出します。

さて、ここで重要なことは

椎間板の一部が飛び出てしまうことが腰のヘルニアなので

飛び出ていても神経に触れていないことがあります。

その場合、痛み・痺れといった症状が出ないんですね。

つまり、ヘルニアになっていても無症状な時があります。

逆に言えば、

腰が痛い・足が痺れる → 病院で検査 → ヘルニアと診断 → 症状の原因はヘルニア

とは限らないってことです。

実際、やまだ接骨院に来院される患者さんでも、病院でヘルニアと診断されたが
身体の状態を確認するとお尻の筋肉のせいで痛み・痺れが出ている方は結構います。

筋肉の硬さがとれると症状なくなるので、ヘルニアが原因では無かったということになります。

繰り返しですが

ヘルニア=腰痛・足の痺れ

とは限らないんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

腰のヘルニアで痛み・痺れがある場合は?

ヘルニアで神経が圧迫されている場合はどうしたらいいかというと

飛び出ている椎間板を戻してあげることす。

そのために必要なことはまずヘルニアになった原因を知ることです。

椎間板は骨と骨のあいだに挟まれているので、常に体重という圧力はかかっています。

では、なぜ飛び出てしまうかというと、椎間板全体ではなく、一部に圧力がかかってしまうからです。

面で支えるのではなく、点で支えてしまうんですね。

だから一部がつぶれて、飛び出します。

一部に圧力がかかる理由としては背骨の正常なカーブが無くなったり、曲がりすぎてしまうことなどがあります。(反り腰や側弯症など)

元に戻すにはこれらの原因を取り除いてあげないと、椎間板は元の状態に戻ってくれないんです。

やまだ接骨院では痺れ・痛みに対しての処置だけではなく、原因に対しても処置していきます。

身体を本来の状態に戻して、椎間板も本来の状態に戻してあげましょう。

ヘルニア、脊柱管狭窄症、ぎっくり腰などの腰痛、痺れは
港南区上大岡の整体、整骨院、接骨院のやまだ接骨院までご相談ください。