肘が曲がらない! 横浜市港南区上大岡やまだ接骨院

2018年04月11日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

サッカー日本代表のハリル監督が電撃解任ですね。(;゚Д゚)

ビックリしました。

でも、個人的にですが、正直最近の日本代表のサッカーは面白くなかったです、、、

ワールドカップまであと2ヶ月しかないですから、反省は後にして、まずは結果が出る様に頑張ってほしいですね!

さて今回は肘についてのお話です。

「肘が腫れて曲がらない、、、」

こんな症状で来院された患者さんがいました。(>_<)

でも肘が原因では無かったんです。

肘に症状があるけど、肘に原因は無い。

何が原因だったか、お話しますね!

 

肘が曲がらない!

肘について、まずは肘の構造から見てみましょう。

肘は上腕骨、尺骨、橈骨の3つの骨で構成されています。

上腕骨+尺骨(腕尺関節)、上腕骨+橈骨(腕橈関節)の関節があります。

肘の曲げ伸ばしは腕尺関節、捻じることは腕橈関節が主な関節機能です。

では、実際に上大岡やまだ接骨院に来院されたケースをお話します。

 

40代 男性 港南区在住 肘痛・曲がらない

特に何かをしたわけではなく、急に肘が腫れて、痛みとともに曲がらなくなったとのことでした。

元々、肘を手術しており完全に伸びない状態でしたが、曲がらないことは無かったため、上大岡やまだ接骨院に受診されたとのことです。

状態を確認すると、右肘の腕尺関節に腫れがあり、痛みは腕橈関節にありました。

一つずつ説明しますね。

まず、腕橈関節ですが、痛みの原因は「骨盤の歪み」でした。

骨盤から肘を傷める流れは

  1. 骨盤から身体が左に捻じれる。
  2. 右肩が内巻きになる。
  3. 手のひらを返す動作がやりづらくなる。
  4. 捻じることが得意な腕橈関節に負荷が集中した。

こんな流れです。

「骨盤の歪み」を改善すると、肘(腕橈関節)の痛みは無くなりました。

 

次に腕尺関節ですが、二の腕の筋肉である「上腕三頭筋」という筋肉が原因でした。

上腕三頭筋は、肘を伸ばす働きがあります。

上腕三頭筋に負荷がかかり硬く縮むことで、肘が曲げづらくなっていました。

筋肉が硬い状態が続くと、筋肉を覆っている「筋膜」というウィンナーの皮の様な膜があり、筋肉にくっついてしまいます。

筋膜がくっついて引っ張られているまま、肘の曲げ伸ばしをしたことで、関節に摩擦が起きていたと考えられます。

筋膜を引きはがす処置をしたところ、肘は曲がるようになっていました。

 

肘が曲がらない、と言っても、肘だけに原因があるとは限りません。

身体のどこに原因があるかを突き止めて、根本から治していきましょう。

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体院、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

肘の痛み(捻挫) 横浜市港南区上大岡やまだ接骨院

2018年03月27日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

甲子園始まりましたね~。

でも、正直それより神奈川県春季大会の方が気になります。(笑)

高校生の患者さんが出ているので、できることなら、みんなに勝ち上がってもらいたいです。(^-^)

さて、今回は肘の捻挫についてのお話です。

肘なんて捻挫するの?と思うかもしれませんが、結構あるんですよー。(^▽^;)

しかも、誰もがよくやる動作で捻挫するので、実際のケースもお話しますね!

 

肘の痛み(捻挫)

肘の構造を見てみましょう。

※図は左肘を正面から見ています。

肘には関節が3つあります。

  1. 腕橈関節・・・上腕骨と橈骨の関節。肘の曲げ伸ばし+捻じる時に動きます。
  2. 腕尺関節・・・上腕骨と尺骨の関節。肘を曲げ伸ばしする時に動きます。
  3. 橈尺関節・・・橈骨と尺骨の関節。肘を捻じる時に動きます。

それぞれの役割がありますが、この中で腕橈関節の捻挫について、実際に上大岡やまだ接骨院に来院されたケースをお話します。

 

40代 女性 港南区在住 右肘の捻挫

買い物帰りに、荷物が入ったビニール袋を肘から持ち変えようとして、「パキッ」と音が鳴った感覚があり、痛みを感じたそうです。

それから、曲げ伸ばしや力を入れて捻じる時に右肘の痛みが取れず、やまだ接骨院に来院されました。

状態を説明しますね。

  • 肘の曲げ伸ばし、捻じる時に痛い
  • 肘のくぼみに痛みがある
  • 力を入れなければ、痛みは無く違和感くらい

このケースの場合、持ち変える時に右肘を捻挫してしまったわけですが、「ビニール袋を持ち変える」動作で捻挫するケースは多いんです。

しかも、手ではなく肘にかけていた場合が多いです。

肘にかけた時に多い理由があります。

ちょっと思い出してほしいのですが、

あなたは肘にビニール袋をかける時ってどうやって持ちますか?

画像

こうやって持ちません?

画像

こうは持ちませんよね?

手の向きの問題なのですが、力が入って安定するので手のひらを返した持ち方になります。

ちょうどビニール袋が引っかかる位置に腕橈関節(橈骨の先端)があるので、支点になってしまい、捻挫します。

ちなみに小さい子が肘を外してしまう(亜脱臼する)関節が「腕橈関節」です。

元々、他の関節と比べて不安定な関節なので、ずれやすいんですね。

腕橈関節を捻挫してしまった時は「靱帯損傷」と「関節のずれ」が起きているので、ちゃんと関節の位置を直してあげないと、なかなか痛みが引きません。

ちょっとした動作で「イテッ!」となるので、大したことないだろうと放置してしまいがちですが、痛み・違和感が残りやすいところなので、しっかり治しましょう。

また「ビニール袋の持ち変え」には十分気をつけてくださいね!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体院、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

肘の痛みについて!

2018年01月5日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今日は関東でも雪になるかも、、、なんて予報が出ていましたが、なんとか大丈夫そうですね(^^;)

でも気温はめっちゃ低い!

寒さが身に沁みます。(*_*)

冬より夏の方が好きなので、暑い南国に行きたいです。(笑)

南国と言えば、先月ハワイでホノルルマラソンがありました。

以前のブログでもお話しましたが、やまだ接骨院に通院されている患者さんが出場し、見事完走!(^O^)

完走した参加者には、「完走メダル」が贈られるそうで、そのメダルを持ってきてくれました!

それがこちら ↓↓↓↓

 

写真の撮り方が悪くて光ってしまっていますが、かなり大きくて、重さもしっかりあるんです(^_^)

患者さんの努力と苦悩を見ていたので、色々な意味で重さがあるメダルだなーと感じました。

その証が形に残るのはとてもいいですね!

さて今回は「肘の痛みについて」です。

ゴルフやテニス、野球など、スポ-ツで肘を傷める方が多く来院されますので、実際に来院された症例のお話も交えてご説明します。

 

肘の痛み

肘の痛みにも色々ありますので、いくつか挙げます。

  • 野球肘
  • テニス肘(外側上顆炎)
  • 内側・外側靱帯損傷

肘にある腱や靱帯など、どれもよくある「肘の痛み」ですが、今回は内側靱帯損傷についてお話します。

実際にやまだ接骨院に来院された症例をご紹介しますね。

40代 男性 右肘の痛み 

ゴルフスイングをした際に右肘の内側に痛みを感じ、やまだ接骨院に来院。

右肩に以前から痛みがあったため、肘の痛みはそこまで気にしていなかったが、一応確認してもらおうと思っていた、とのことでした。

状態を確認したところ、肘の内側靱帯損傷でした。

肘の内側靱帯といっても、1本ではありません。

下の図を見てください。

肘の内側の図ですが、3本の靱帯があります。

それぞれ役割が違い、傷めていた靱帯は斜めに走っている靱帯でした。(緑の線の一番上)

なぜ、この靱帯と判断したかというと、肘の靱帯損傷の検査方法に「外反ストレステスト」というものがあります。

これは肘を外側に反らせることで、内側の靱帯にストレスを加えて、損傷があるかを確認するものです。

 

このテストは、「肘を曲げた時」「伸ばした時」傷めている靱帯が違います。

患者さんが傷めていた靱帯は肘が伸びている状態で外側に反ることを防ぐので、肘を曲げた時のテストでは痛みが無く、肘を伸ばした時のテストで痛みが出ていました。

恐らく、ゴルフスイングで肘が伸びている時に、クラブの重さや遠心力で肘が外に反ってしまい、内側の靱帯を傷めたものと考えられます。

一つのテスト法でも、靱帯の作りを理解していないと傷めた靱帯の判別がつかなくなり、固定や注意しなければいけない動作が分からなくなってしまいます。

細かく見ることで、より早期に回復できるので、判断はとても大事です。

 

今回は靱帯損傷についてのお話でしたが、肘の痛みにはまだまだ種類があります。

違う「肘の痛み」についても、このブログでお話していきますね!

 

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院をお探しの方は上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform