身体が柔らかいリスク 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年07月28日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

最近、他の接骨院のスタッフさんが来院されます。笑

もちろん、患者さんとしてですよ。(^▽^;)

首を寝違えた、腰が痛いなど。

しかも、めっちゃ身体の状態が悪い、、、

筋力バランス、柔軟性、身体感覚など、悪いところだらけです。

自己管理できないのに、どうやって人を治しているのか、他院ながらちょっと不安です。( ;´Д`)

ちなみに私は悪いところ無いのでご安心ください。
たまにトレーニングで筋肉痛はありますが(笑)

さて、今回は「身体の柔らかさ」についてのお話です。

柔らかいって聞くと、とても良いことのように思いますよね。

良いことなんですが、同時にリスクもあります。

どんな柔軟性がリスクになるのか?

お話していきますね!

 

柔軟性のリスクとは?

「柔軟性」にも種類があります。

関節の柔軟性、筋肉の柔軟性が主なところですね。

よく目安にされるのが、股関節の開脚です。

足が180度に開くと、「おー、柔らかいね!」と言われますよね。(^^)

この「180度開脚」は、股関節が本来持つ柔軟性の倍です。

本当は半分の90度でいいんです。

え?こんな狭くていいの?

いいんです。( ̄▽ ̄)

では、柔軟性が高いとどんなリスクがあるのか?

「柔軟性が高い」とは言い方を変えると「不安定性が高い」です。

関節が広い範囲で動くということは、関節を支えている靱帯なども緩んでいるということです。

つまりグラグラとした不安定性に繋がります。

ただ、必ず「柔軟性が高い」=「不安定性が高い」ではありません。

不安定な関節を支えられるだけの筋力が伴えばいいんです。

実際に上大岡やまだ接骨院に来院されたケースで、関節の柔軟性が高いことがリスクになり、肉離れしてしまったケースをお話します。

 

40代 女性 ふくらはぎ 肉離れ

スポーツ中にステップして踏ん張った際に、ふくらはぎを肉離れしてしまい来院されました。

腓腹筋というふくらはぎの筋肉の肉離れ(2度損傷)でした。

※肉離れについてはこちらをご覧ください。
⇨⇨⇨公式ブログ 肉離れを放置してはいけない理由

腓腹筋は膝の上から始まり、アキレス腱になって踵の骨に付きます。

膝の上から始まるので、膝の曲げ伸ばしにも影響します。

この患者さんの場合、膝の関節が柔らかく、膝が反るほどでした。

「反張膝」の画像検索結果https://meguri-seitai.info/bodycare/fat-stand/より引用

また、骨盤・腰のバランスに問題があり、膝を曲げる筋肉が弱くなっていました。

膝の関節の柔軟性が高く、膝を曲げる筋力が弱いため、常に膝が反っている。

つまり膝の上から始まる「腓腹筋」が常に引っ張られて伸びている状態でした。

正常より伸びてしまっている腓腹筋を、踏ん張ることで急激に縮ませたことで肉離れしてしまったんですね。

筋力が伴わない柔軟性は、むしろケガのリスクを高めます。

筋力と柔軟性を両立させることが大事なので、毎日ストレッチばかりしている方、注意しましょうね!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

 

開脚って必要?

2017年06月21日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

少し前に「ベターっと開脚」という本が流行ったの覚えていますか?

患者さんに、開脚したい!でもストレッチしたら肉離れしました(T_T)

と言われたことがちょくちょくありました。

港南区や横浜市外からも、肉離れ等のご相談受けたので、たくさんの方が柔軟性出したいと考えていると思います。

ですので、今回はスポーツや日常生活に必要な開脚も含めた柔軟性についてお話します!

180度の開脚って必要?

結論から言うと、日常生活において180度の開脚は・・・・・

必要ありません!!(笑)

おそらく皆さんも何となく分かってますよね(^▽^;)

ただ、180度開脚できることによる「弊害」についてはあまり聞いたことないと思います。

実は良いことばかりでは無いんです。

これは開脚だけではなく、肩や足首など他の関節にも言えることです。

まず、身体の「柔軟性」についてお話します。

柔軟性とは?

開脚の様な柔軟性は、関節の可動範囲のことですが、

手首がものすごく反る人、Y字バランス・I字バランスで立てる人、

いろんな関節の柔軟性があると思います。

では、「柔軟性」とは何が柔らかいのかというと、次の3つになります。

  1. 筋肉
  2. 靱帯
  3. 骨(軟骨)

初めに筋肉の伸長性が長くなり、次に関節を支えている靱帯が伸びていき、最後に骨(軟骨)が擦れていきます。

関節の可動範囲には、これくらいの範囲という基準がありますが、筋肉の柔軟性があれば、

関節は基準の範囲まで動きます。

ちなみに股関節の開く可動範囲は両足合わせて90度です。ちょうど開脚の半分ですね。

180度の開脚は正常な範囲を超えた柔軟性になります。

では、180度まで開いた場合、何が柔らかくなっているのかというと「靱帯」です。

「靱帯」とは骨と骨をつなぎ、関節を支えているサポーターみたいなものです。

つまり、「靱帯」が柔らかくなるということは言い換えると
関節が「不安定になる」ということです。

これが柔軟性の「弊害」になります。

スポーツ選手は広い可動域を持たないと、相手や他の競技者にパフォーマンスで勝てないので、不安定な関節を支えられるだけの「筋力」をつけて対応します。

日常生活でそれだけの筋力がつけられるかというと、難しいですよね(+_+)

柔軟性と筋力はバランス良く両立させないと肉離れや捻挫の原因になります。

身体を柔らかくしたい!というあなたは、筋力とのバランスを必ず意識するようにしてくださいね。

上大岡やまだ接骨院では、柔軟性を得る時に必ず筋力とのバランスを考え、トレーニングも行います。

柔軟性を出したいけど、なかなか柔らかくならない、グイグイ足を開いたら肉離れしてしまったなどのお悩みがありましたら、一度、横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院までご相談ください。改善とパフォーマンスアップの両方を目指せます!