打撲した時の注意点! 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年05月8日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

最近気温の上下が激しいですねー。(>_<)

7月並みの気温から、3月下旬の気温、、、

ゴールデンウィークも終わり、バタバタして疲れたところに気温差でさらに身体に負担がかかります。

患者さんでも、発熱や体調不良の方が多いので、皆様、十分にお気を付けください。

今回は「打撲した時の注意点」についてのお話です。

打撲は軽く見られがちなケガですが、始めは痛みが弱くても、中々痛みが引かずに長引いてしまうこともあります。

重症度が見た目に分かりづらいので、動かしても痛くない場合は、どうしても放置されがちです。

「回復が早い打撲」と「長引いてしまう打撲」の違いについてお話します。

 

長引く打撲とは?

打撲とは、「何かに身体の一部をぶつけて傷めること」です。

この「身体の一部」には、皮膚、筋肉の他に、血管、神経、骨なども含まれます。

打撲で骨や神経まで傷めるなんて意外と思うかもしれませんが、結構あるんです。

打撲すると、筋肉や腱、骨などが傷つき、出血します。

出血が固まってくると「青あざ」になるので、見た目にも分かるようになります。

もちろん傷めた組織によって、回復期間は変わります。

打撲だから、これくらいの期間で治るとは言えません。

骨と筋肉では回復に違いがあるのは想像できますよね。

あくまで、打撲とは「ケガの仕方」なので、「ケガの状態」ではありません。

 

では、長引く打撲とはどんなものかというと、「内出血の量が多いもの」です。

骨、筋肉、血管など、それぞれの組織を傷めて出血しますが、出血量が多いと大きな「かさぶた」の状態になります。

皮膚から骨までの間には、脂肪、血管、神経など、色々な組織があるので、「かさぶた」がこれらをくっ付けてしまいます。

すると、一つの塊の様になってしまうので、吸収がとても悪くなります。

また、筋肉は伸び縮みする性質がありますが、脂肪等の他の組織は伸び縮みする性質はありません。

これでは筋肉の伸び縮みも悪くなってしまいます。

 

打撲してしまった時にまずやるべき対処は、アイシングと圧迫・固定です。

なるべく内出血を抑えてあげることが大事です。

見た目には何もなっていなくても、皮膚の下では出血を起こしています。

素早く圧迫とアイシングで、出血を止め、固定で再び出血を起こさない様に保護してあげることが必要です。

始めの対処をする・しないでは、後の回復が全然変わってきます。

押すと痛いだけだからと放置しないで、すぐに処置をしましょう。

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

スポーツ中に打撲してしまった!

2017年10月13日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

今日から一気に気温が低下ですね(>_<)

夏から冬になった感じです、、、

こんな時は体調崩しやすいので要注意ですね。

 

打撲の処置

では、前述した野球をしている学生を例にお話します。

野球の守備練習中に早いスピードの打球が足の内側に当たり、打撲。

病院を受診し、骨折はなく、打撲(骨挫傷、靱帯損傷)と診断。

1ヵ月経っても痛みが引かないため、再度病院に受診したが、同様の診断。

特に処置することもないので、安静のみ指示される。

 

以上が受傷~1ヵ月後の経過ですが、

ハッキリ言って、ひどいです。

状態がひどいのではなく、指示・対応がです。

処置することが無いなんて、あり得ないですね。

 

どう処置していく必要があったかというと、まずは「RICE」です。

「RICE」とは、以下の4つです。

  • 患部を高く挙げること
  • アイシングすること
  • 圧迫すること
  • 安静にすること

応急処置の基本なので、ぜひ覚えておいてください。

 

なぜ打撲で「RICE」をする必要があるかというと、

打撲した部分は、血管や筋肉、骨などの組織が傷つくことによって、

内出血を起こします

この内出血を止めるために「RICE」が行います。

 

血液中にはタンパク質など、色々な成分が含まれているので、流れ出てしまうと回復が遅れます。

また、皮膚の下で‟かさぶた“のようになり、他の組織にくっ付いてしまい、

傷ついていないところまで、機能が落ちてしまいます。

 

次に行うことは、血流の改善です。

内出血を抑えたら、反対に血流を良くしてあげることが重要です。

身体に栄養を与え、修復させるのは血液なので、
血液循環を促すことはとても大切です。

ただ、この段階では内出血が抑えられているだけで、傷めた組織は修復されていないので、
循環を促すといっても患部に負荷をかける運動は避けて行います。

また、傷めた組織が3割くらい回復したら、周囲の関節を動かし、筋力や柔軟性といった機能を取り戻すためにリハビリを行います。

 

打撲の場所や損傷程度によりますが、1ヵ月でこれだけ出来ることがあります。

もし打撲と診断されて、特にやることないから湿布して様子見てください、
なんて言われたら、一度、やまだ接骨院までご相談ください。

やまだ接骨院では打撲や捻挫、肉離れなど、
スポーツ外傷に対して適切に処置を行っています。

  • なかなか痛みが引かない
  • 腫れたままになっている
  • 部活に復帰できない

こんなお悩みがある方、横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院をお探しの方はこちらからお問合せください。↓↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

打撲の怖さ

2017年08月17日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

横浜は最近天気がずっと悪いですね、、、

季節感がおかしくなりそうで、早く晴れて夏の暑さが戻ってほしいです(>_<)

さて今回は「打撲について」です。

「捻挫」や「つき指」と並び、よく聞くケガですよね。

打撲だけだから大丈夫ー、なんてこともよく言われます。

本当はそんな事ないんですよ!

打撲の怖さをあなたに知ってもらいます(ー_ー)!!

 

打撲の怖さ

なんか怖い話するみたいに始まっちゃいましたね(^^;)

順を追って説明していきますので、こんなこともあるんだな~と思って聞いてください。

まず、打撲とはどんなものかというと

打撲とは、「打ち身」とも言われます。
転倒や何かにぶつかるなどで身体に外部から強い衝撃が加わることで起こる、皮下組織や筋肉などの軟部組織の損傷のうち傷口のないもののこと。(doctors-me)

 

ここでポイントは「皮下組織や筋肉などの軟部組織の損傷」です。

「筋肉など」は筋肉に加え腱や靱帯、「皮下組織」とは皮膚の下にある脂肪や血管のことです。

身体に衝撃が加わって、これらを傷めれば全て「打撲」です。

どうですか?

ちょっと怖くないですか?

筋肉が断裂しても、血管が傷ついても、脂肪が傷ついても、全部「打撲」です。

ちょっと極端な言い方になってしまいましたが、これだけケガの幅が広いんです。

 

例えば、「打撲」によって起こるものに「コンパートメント症候群」というものがあります。

「コンパートメント症候群」とは打撲などによる出血等で組織内圧が上昇して、血行障害を引き起こし、筋肉や神経が壊死してしまう障害です。

「コンパートメント症候群」による障害は不可逆性なので(要は治らない)、最初の処置・判断がとても重要です。

 

ラグビーなどのコンタクトスポーツや格闘技など、打撲が多い競技は、

痛み強いけど、いつもの打撲だろうな、と考えがちです。

でも、もし「打撲」によって、コンパートメント症候群が起きてしまっていたらどうでしょう?

下手したら、競技どころか日常生活にも支障が出るような障害になりかねません。

 

「打撲の怖さ」を少し感じてもらえたでしょうか?

万が一をいかに防ぐかが大事ですので、たかが打撲と考えず、まずは医療機関に受診して

どんな状態か?何を傷めているのか?を確認するようにしましょう。

 

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院は骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れなど、外傷の処置ができます。

おかしいな?と感じたら、もう遅いかもしれません。

ケガをしてしまった場合はすぐにご来院ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表