転んでた手首が痛い!

2018年02月3日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

本日は11時までの受付(予約のみ)となり、患者様にはご迷惑をおかけしております。<m(__)m>

月曜日からは通常とおりとなりますので、よろしくお願い致します。

2週に渡る雪のせいか、転倒によるケガが増えています。

足首を捻挫したり、手首を傷めたり、後頭部を打ってしまったり、、、

転んでしまうと身体の色々なところをケガするリスクがあります。

その中で今回は手首のお話です。

実際にやまだ接骨院に来院されたケースを例にお話しますね!

 

転んで手首が痛い!

では、実際の症例をご紹介します。

・50代 女性 横浜市港南区在住 後ろに転んで手を着いた時に手首を傷める

手首の痛みが強かったため、整形外科に受診し、骨に異常は無く、手首の捻挫と診断される。

1週間様子を見たが、痛みが引かないため、やまだ接骨院に来院。

痛みがあったところは画像の×です。(※実際の写真です)

解剖図でいうと、ここです。

転んで手を着いた時に手首を捻挫した場合、手首の関節を支えている靱帯を傷めます。

しかし、痛みを感じていた場所は関節ではなく、骨に痛みを感じていました。

レントゲン上、骨折は確認できなかったとのことでしたが、不全骨折(骨にひびが入っている)、もしくは骨挫傷(骨の内部の損傷)かと考えられます。

実は、レントゲン画像はそこまで鮮明なものではないんです。

骨折していてもレントゲンには写らないことがあり、また撮影する角度によっても写らないことがあります。

実際、やまだ接骨院に来院された患者さんでも、整形外科でレントゲン検査後に骨折してないと診断されましたが、当院で触診した時に骨折が疑われたので、提携医療機関に再検査を依頼したところ骨折していた、という方が過去にいました。

レントゲン検査で異常なしでも必ずしも骨折していないとは限らないんですね。

今回の患者さんは湿布と痛み止めだけだったため、安静も保たれず、内出血や腫れ、痛みも強い状態でした。

腫れを引かせるように施術し、副子(添え木)を当てて固定しました。

ちゃんと固定しただけでも「痛みが楽です」と言って頂けました。

それくらい不安定で痛かったんですね。(>_<)

 

転んで手首を傷めてしまった時には思わぬケガをしていることがあります。

様子を見たけど痛みが引かないから、と来院される方はとても多いです。

様子を見ている間にどんどん悪化してしまうケース、後遺症が残ってしまうケースもありますので、転んでしまったらすぐに受診してくださいね。

 

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労まで、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

スノボで転倒!(>_<)

2018年01月16日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

やっと寒さが少し和らぎましたね~。

代わりに風が強いですけど。(^^;)

朝の冷え込みが違うだけでだいぶ楽ですね!

昨日の朝に来院された患者さんが、外気温が0度と仰ってました。(*_*)

そりゃ寒いですよね、、、

でも寒い時期は悪いことばかりではなく、ウィンタースポーツを楽しめますね!

スノーボードやスキーなど、雪遊びだけでも楽しいですが、必ず「転倒」があります。

今回は転倒してしまった時に傷めやすい手首についてのお話です。

 

スノボで転倒!(>_<)

スキーやスノーボードで、転倒は付き物ですよね。

転ぶと分かっていればスピードを緩めたり受け身を取れますが、スピードが出過ぎて

人と接触しそうになったりすると、思わぬ転び方をしてしまいます。

そんな時に一番最初に出すのは「手」です。

人間誰しも、転びそうになったら手を出して頭や身体を守ろうとします。

手を着いた時に上手に衝撃を逃がせればいいのですが、全て手に負荷がかかってしまうことがあります。

そんな時に「手首」を傷めます。

元々、手首で倒れてきた身体・体重を支えるのは無理があります。

咄嗟に手を出すのは、衝撃を和らげ、そのあとの肘や肩、胸や背中で分散させるためです。

手で衝撃を全て受けると、負荷に耐えられず、手首の関節がずれてしまいます。

手首の関節を支えているのは「靱帯」なので、まずは靱帯を傷めます。(捻挫)

靱帯でも支えきれない場合は、骨を傷めます。(骨折)

手首の骨折の中には、後に後遺症を出してしまうものがあるので、今回は骨折についてお話します。

 

転んだ時の手首の骨折

手首の骨折で多いものは、「橈骨」という骨の骨折です。

※下図の青い骨です。

この骨の手首寄りの部分で折れてしまいます。

転倒の際に手首に力を入れて固めるので、手を着いた時にちょうどここに力が加わりやすいんですね。

※赤い線から手側は上に向かって、肘側は下に向かって力が加わります。

 

この骨折は、相当骨がずれてしまったり、骨の周りの神経を傷つけたりしない限りは後遺症は残りにくいものです。(もちろん骨折に変わりはないので、治療とリハビリは必須です)

 

では、後遺症のリスクが高い骨折はどこかというと「舟状骨」という骨です。

親指のつけ根部分にある楕円形の骨です。

※下図の青い骨です。

 

「舟状骨」は周りが軟骨に覆われていて血管が一部からしか通っていない為、栄養が行き渡りづらい骨です。

その為、骨折してしまうと血液(栄養)が届かない部分が出来てしまい、壊死してしまいます。

また、骨折直後は痛みや腫れといった症状が弱く、レントゲンにも写りづらいので、CTスキャンなどの精密検査をしないと判明しない骨折であり、見落とされてしまうこともあります。

そのままにしてしまうと、手を床に着くたびに痛い、動かしても違和感がある、などの後遺症が残ってしまいます。

 

スキーやスノーボードでの転倒は付き物なので、手を着いた痛みに慣れてしまいますが、思わぬケガをしていることがあります。

転んだからだろうなーと自己判断で放置すると、後遺症が残る様なことになりかねませんので、少なくとも帰ってきて痛みを感じているようなら、接骨院や整形外科に受診しましょう。

 

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院をお探しの方は上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform