通院目安はどのくらい?

2017年11月22日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

最近のニュースに「松井秀喜 米野球殿堂候補に」という記事がありました!

殿堂候補にあがることは野茂選手以来だそうです。

成績的には殿堂入りは難しいようですが、この「候補」は全米野球担当記者協会の所属記者からの投票で決まるとのこと。

メジャーの記者から見ても、殿堂入りにふさわしいという評価をされる選手であるということですよね。(≧▽≦)

先に候補になった野茂選手はメジャーで活躍した日本人選手のパイオニアですから、本当に凄いことですね!

私はもろに世代なのでつい興奮してしまいました、、(^▽^;)

だいぶ余計な話をしてしまいましたが、今回は「通院目安について」です!

皆さん、気になることだと思いますので、分かりやすくお話しますね!

 

通院目安はどのくらい?

「私の身体は週にどのくらい通院すれば良くなるんだろう?」

これは当然の疑問ですよね。

やまだ接骨院でも、始めにある程度の目安をお伝えしています。

身体の不調、ケガを改善するには計画性が必要なので、目安を決めることはとても大事です。

やまだ接骨院での通院目安の決め方などを例に出しますね。

①生活動作による不調(家事・お仕事など)と②急性のケガ(捻挫、肉離れなど)で分かれます。

 

①生活動作による不調

始めの2週間は週2回3週目以降は週1回全部で10回くらいを目安にしています。

始めの週2回の理由は、始めは症状が強いので、まずは早く症状を改善するため。また、身体の反応は人それぞれなので、治療後の状態を確認し評価するためです。

症状が軽減し、治療後の状態の評価もできたら、リハビリなどの計画も定まりますので、週1回で大丈夫です。
ただし、お伝えするリハビリを行っていれば、です。

栄養のサイクルから考えても、人の身体は約2~3ヶ月で作り変わるので、リハビリ等で身体を変えるには同じくらいの期間が最低必要です。1ヵ月で症状は変えられますが、筋肉は付きません。

 

②急性のケガ

始めの1週間は毎日、2週目で週3回、3週目以降で週2回、全部で20回くらいが目安です。

捻挫を例にすると、受傷直後は痛み・発熱・腫れが強く出ます。速やかにこれらの症状を抑えないと、回復が遅くなり、その後のリハビリも長くなります。

急性的な症状が落ち着いたら、次に傷めた組織の修復を促すための電気治療等を行います。

30%ほど修復が済んだら、同時にリハビリも開始します。

特に急性のケガは始めの処置が大事なので、始めはなるべく毎日通院してもらいます。

 

身体の不調も急性のケガも、身体の状態やケガの重症度によって幅があるので、あくまで目安であり、短くも長くもなります。

計画的に回復具合や身体の状態を評価しながら、治療を進めていくことが大事です。

こんな症状なんだけど、どれくらいかかるかな?

と思ったら、やまだ接骨院までご相談ください。(^_^)

状態を確認して、適切な治療期間をお伝えします。

 

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院をお探しの方は、やまだ接骨院までご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

接骨院・整骨院って、どんなことするの?

2017年11月21日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

週末、週明けと、とても寒かったですね~。(*_*)

11月に1月並みの気温は応えますね、、、

体調崩される方が多いので、しっかり体温上げて、
寒さに備えましょう!

さて、今回の投稿は接骨院・整骨院に行ったことが
ない方は知りたいことだと思います。

何するか分からないところにいきなり入るのは勇気が
いりますよね。(^▽^;)

行ったことがある方も他院との違いなどが分かり、
面白いと思いますので、お付き合いください。(^-^)

 

接骨院、整骨院ってどんなことするの?
~やまだ接骨院編~

まず、接骨院とはどんなところかお話します。

読んで字のごとくですが、接骨院の元々の由来は
「ほねつぎ」です。

骨折や脱臼などの骨の問題、それに伴う靱帯損傷
肉離れ等を治すことに特化したものが「接骨院」です。

ほねつぎ、接骨院、整骨院は同じもので、
「柔道整復師」という国家資格です。

なので、骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、打撲を処置できます。

整体院、カイロプラクティック、治療院などは
国家資格はなく、別物であり、ケガの処置はできません。
(できないというより資格が無く、ケガの処置をしてはいけない)

ほねつぎ、接院、整院。

「骨」が付けば同じと思ってください。(^_^)

 

では、どんな治療をするかですね。

捻挫、肉離れ、骨折、脱臼等のケガに対しては、
状態に応じて、

  • ずれた骨・関節の位置を元の位置に戻す。
  • 組織の修復を早める電気をかける。
  • 包帯、テーピングで固定する。
  • 固定により硬くなった筋肉を柔らかくするためにマッサージやトレーニングなどのリハビリをする。

こんな感じです。

 

次にケガ以外の身体の不調に対してです。

慢性的な(長期間症状があるもの)腰痛、ヘルニア、
肩こり、頭痛、膝痛などに対してですね。

恐らくここが接骨院などで違いが出てきますが、
やまだ接骨院では、

  1. 身体の状態を確認します。(どんな組織が痛いか)
  2. 身体のどこに原因があるか調べます。(どこが原因か)
  3. 原因に対して、最善の処置を選びます。(どんな治療が必要か)
  4. 施術(マッサージ、トレーニング、電気治療など)を行います。
  5. 必要なリハビリとセルフケアを指導します。

以上が一通りの流れです。

特に1,2,3を重視しています。

どんな組織が症状を出していて、身体のどこに原因があり、どんな治療が必要なのか。

この3つを私だけ理解するのではなく、

患者さんに理解してもらいます。

ここがとても大事です。

治すのは私ではありません。

患者さん本人です。

不調を感じている大半の方が部分的な筋力低下を
起こしてしますが、筋力は自分で動かさないと向上しません。

いくら治療しても、本人が普段の生活で気を付けず、
必要なリハビリを行わないと、いつまでも原因が
改善しないので治りません。

でも、何が原因かを理解しないと、どう気をつけて、
何をしたらいいのか分かりませんよね?

だから「患者さんに理解してもらうこと」を重視しています。

後半、ちょっときつい言い方になってしまいましたが、(ごめんなさい<m(__)m>)

私は患者さんに早期に原因から改善してほしいので、本気で取り組みます。

しっかり治したい!
自分の身体を変えたい!

そう考えているあなたは、上大岡やまだ接骨院までご来院ください(^_^)

全力でサポートします!

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院を
お探しの方は、やまだ接骨院までご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

健康法を選ぶ前にすること

2017年10月6日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

急に寒くなってきましたね~。

今日の横浜の最高気温は17℃!!

11月の気温らしいです(+_+)

気温の変化が激しいときは体調崩しやすいですので、皆様お気を付けくださいね(>_<)

寒い時期になってくると、テレビなどで風邪の予防法や健康法などの特集が増えますよね。

患者さんからも「テレビで○○健康法がいいらしいってやってたよ~」

って、お話されることが増えます。(笑)

確かに健康に良い方法を実践することはとても良いと思いますが、

その前にやることがあります。

しかも、大体の方がやっていないことです。

絶対に必要なのに、です。

今回はその「健康法を実践する前に必要なこと」についてお話します。

 

健康法を実践する前に必要なこと

もったいぶっても仕方ないので、先に言ってしまいますね。

「健康法を実践する前に必要なこと」とは「評価」です。

健康法の「評価」ではないですよ(^^;)

では、何の「評価」かというと、「自分の身体」の評価です。

 

例えば、最近話題のスーパーフード・ダイエットフードに

スーパー大麦」なんてありますよね?

 

「難消化性でんぷん」というものが多く含まれていて、腸内環境を良くする他、

血糖値の急上昇も防いでくれてダイエットにも効果的という食べ物です。

こんな話聞くと良いことだらけですね(^^;)

 

ダイエットしたい!と考えて、スーパー大麦を食べたとします。

実際、良いことなのですが、普段から食事で腸内環境に気を付けている方は

スーパー大麦を食べてもあまり変化は出ない可能性があります。

 

だって、元々が良い状態ですから。

 

もし、ほとんど運動してなかったら、必要なことは「運動」になります。

栄養素で言えば、タンパク質不足で基礎代謝が上がらず、体重が落ちない人もいます。

その場合、スーパー大麦よりお肉や魚、大豆食品の方が必要です。

 

もう一つ例を挙げると、「腰痛」です。

腰痛もよくテレビで取り上げられますが、「一日5分!○○体操で改善する!」

とかありますよね。(笑)

腰痛にはたくさんの原因があります。

大きく分けても、筋肉、神経、靱帯、骨、内臓などです。

もちろん、更にそれぞれが細かく分けられます。

もし内臓が原因で腰痛を感じている人だとしたら、「○○体操」してもダメですよね。

内臓を改善しないと腰痛は治りません。

 

痛みや不調、ダイエットなど、それぞれのお悩みには、ちゃんと原因があります。

  • 自分には何が足りないのか?
  • 何が過剰なのか?
  • どこが悪いのか?
  • どんなものが悪いのか?

「自分の状態」をまずは評価してから、

健康法や治療法を選ぶようにしましょう。

 

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院では患者さんの状態を評価し、原因に対して

処置していきます。

あなたは自分の不調の原因がしっかり把握できていますか?

不安な方は、やまだ接骨院まで一度ご相談ください。

 

お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

 

初めて受診される時に大事なことって?

2017年06月6日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

今回はテーマというより、上大岡やまだ接骨院の特徴と考え方」についてのお話です。

初めて受診される方やこれから受診される方に読んで頂きたいです。

 

先日、「評価」に重きを置いたセミナーに参加してきました。

何の「評価」かというと、もちろん身体についてです。

当院では、初めて来院される患者さんには、必ず身体の状態の評価をします。

 

問診などをさせて頂くと、よく言われるのが、

「状態をちゃんと説明されたの初めてです。」

「原因がコレと言われたのは初めてです。」ということ。

 

自分の身体のどこが悪いのかを病院や整骨院などに受診しても

説明されていない患者さんがとても多いんです。

 

正直、なんで説明しないんだろう?と疑問に感じます。

説明できないのか、あえて説明しないのか、どちらか分かりませんが、

私だったら、説明してくれないのは不安です。

 

自分の何が悪いのか、分からないまま治療されるのって怖いですよね?

例えば、お腹が痛くなって病院へ行ったら、少しお腹触診されて、

いきなり「今から手術しますよ」と言われても、

はい!お願いします!とはならないですよね。(^^;)

ちょっと極端ですが、何か分からないけど、とりあえず治療しましょう。

も意味は同じです。

 

身体の評価をしっかり行うことで、問題点が見つかり、改善方法が分かります。

 

また、この「評価」を患者さんと共有する事で、一緒に改善に向かっていけます。

セルフケアの意識も高まります。

 

何が原因か、何のためにやるのか分からないのに、

「毎日、足のストレッチやってください。」

と言われても、なんとなくやればいいのかなー、くらいにしか考えないですよね。

「一発であなたの腰痛治します!!」みたいな、素晴らしい治療法(怪しいですが)

だとしても肩が痛い人にとっては効果ありません。

 

どんな治療も正しい評価ありきだと思いますので、皆さま

もし、お身体の具合が悪くなって、病院や接骨院・整骨院に受診される時は

診てくれた先生に、「私はどこが悪くて、何が原因なんですか?」

と聞いてみてください。

きちんと答えてくれるかどうかで、あなたの身体を評価できているか分かると思います。

答えてくれなかったら、、、

そのあとはそれぞれの判断にお任せします。(^^;)

 

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院では身体の状態を評価し、

適切な施術、セルフケアをご指導させて頂いております。

横浜市港南区上大岡で接骨院・整骨院・整体をお探しの方は

上大岡やまだ接骨院までご相談ください。