50肩・40肩の原因

2017年08月28日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

先週はかなり気温が上がって、体調崩される方も多かったですが、今週はだいぶ暑さも和らぐようなので、ここで体調を整えたいですね!

さて、今回のテーマは「50肩・40肩の原因」です。

肩以外の問題で肩が上がらなくなっていた患者さんが来院されたので、それを例にしてお話します。

50肩・40肩の原因

・症例

0代 男性 横浜市在住 左肩が上がらない 腰痛 膝痛

以前から肩が上がらず、接骨院・整骨院に通院したが改善せず、腰や膝にも痛みがあったため、やまだ接骨院に来院。

左肩は全く上がらない訳ではないが、明らかな左右差があり、違和感もあるとのこと。

 

さて、この患者さんの場合、まず何が痛みを出していたかというと、「筋腱」です。

いわゆる「インピンジメント症候群」の状態でした。

(インピンジメント症候群についてはこちらをどうぞ ⇒ http://yamada-sekkotsu.com/blog/%E9%87%8E%E7%90%83%E8%82%A9%E3%81%AB%E3%81%A4%

 

では、インピンジメント症候群になってしまった原因ですが、「骨盤」にありました。

「骨盤」といっても色んなバランスがありますが、今回の症例では「可動域の左右差」でした。

身体を捻じる際に左右の骨盤は、それぞれが前後に傾きますが、その前後の傾きに左右差が診られました。

身体を左に捻じる時は正常に骨盤が可動していましたが、右に捻じる時は骨盤の可動が低く、常に身体が「左捻じり」の傾向になっていたため、左肩周囲の筋力バランスが崩れ、上がりづらくなっていました。

なので、骨盤を補助して正しい位置で肩を上げてみると、痛みなく上がりました。

 

患者さんからお話を伺うと、他の接骨院・整骨院では肩周りのマッサージのみだったそうで、今回の原因である「骨盤」に対する処置が無かったため、肩の可動域が改善しなかったと考えられます。

 

このような50肩・40肩の症例は珍しくなく、肩以外に原因があることは多々あります。

もし50肩・40肩になってしまったと感じたら、身体全体を見てみると意外なところに原因があるかもしれません。

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院では50肩・40肩に対して、身体全体から原因を探し、適切な処置をしていきます。

肩が痛い、上がりづらいと感じましたら、やまだ接骨院まで一度ご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

あなたの肩こり○○を併発してるかも、、

2017年07月28日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

 

関東は梅雨明けしたと思ったら、梅雨みたいな天気、、、

梅雨時期は反対に晴ればっかりだったのが、一体どうなっているんでしょうね?(+_+)

 

さて本題ですが、そんな天気も影響してか、肩こりや疲労感を感じている患者さんが

最近は多く来院されます。

やまだ接骨院では、原因を探すために色々テストをするのですが、

そのなかで筋疲労からの肩こりだと思って来院された方が

「えっ!?」

と驚く症状があるので、お話します。

もしかしたら読んでくださっているあなたにもあるかもしれないので、、、

 

あなたの肩こりは筋肉の疲労だけじゃ
なかった?!

今回も実際に上大岡やまだ接骨院に来院されたケースでお話します。

40代 女性 横浜市在住 肩こり 疲労感

何年も前から肩こりや疲労感に悩まされ、整形外科や接骨院、整体院に通院していた。

その場しのぎで、あまり変わらないため上大岡やまだ接骨院に来院。

 

最初に診させてもらった時点で、単純に姿勢が悪いのが分かるくらいの状態でした(^^;)

そこはまあ本題ではないので、置いといて。

 

肩や首の筋肉の状態を確認した後、手の脈を測ったんですね。

すると右手は脈がきちんと取れましたが、左手は脈がありませんでした。

これが何を意味するかというと、「胸郭出口症候群」というものが疑われます。

「胸郭出口症候群」とは、腕につながる「動脈」「静脈」「神経」が、

通り道の首から胸のあたりで、筋肉などに圧迫されて「痺れ」や「痛み」を誘発するものです。

 

実は肩こりを感じていて、この症状がある方はとても多いです。

今回来院された女性も、筋肉の疲労からくる肩こりだろうと思っていたのに、

テストしたら「脈が無くなりますよ」と言われて驚いてました。

そりゃ「脈が無い」なんて言われたら驚きますよね。(+_+)

 

でも、このテストを行うことで、肩こりの原因が肩周りの筋肉だけのせいじゃないと

分かるんです。

患部だけに原因があるとは限らない一つの例ですね。

もしかしたら肩こりを感じているあなたも脈が無いなんてことあるかもしれません。

心配な方は、やまだ接骨院までご相談ください。

 

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院では肩こりや五十肩、身体の不調に対して

患部のみではなく、全体から原因を特定し根本から身体を変えていきます。

お悩みの方は今すぐご連絡ください。

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ! ↓↓↓↓↓↓↓↓

院へアクセス・料金表

40肩・50肩って突然なるもの?

2017年05月22日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

最近めっちゃ暑いですね~

とても5月とは思えないです、、(^^;)

さて今回のテーマは40肩・50肩です!

 

40肩・50肩って突然なるもの?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「何もしていないのに、肩が急に痛くなったんです、、、」

「前から肩が痛かったんですが、手が上がらなくなったのは初めてです、、、」

こんな話をよく聞きます。

あなたも心当たりありませんか?

40肩・50肩にはいろいろな原因があるため、痛みの出方や肩が上がらなくなるタイミングも人それぞれです。

人それぞれですが、多くの症例を診させて頂いたなかで皆さんに共通して言えることは

ちゃんと前兆があるということです。

自覚がないだけで、40肩・50肩につながる状態はできています。

「何もしていないのに、、、」とお話しされた方も

よくお話を伺うと、最近腰が痛かった、よく足を組んでて背中が張っていた、

など、やはり問題がありました。

なぜ自覚がないのかというと、普段当たり前のようにされていることだからなんですね。

「いつも」足を組んでいる、「いつも」気にならない程度に腰に痛みや違和感がある、

「いつも」やっていることというのは、なかなか意識が向きません。

本来、違和感や痛みは身体から発せられている危険信号です。

常に危険信号が送られていると、送られていることに慣れてしまうんですね。

そのため自覚が出来なくなります。

以前にこちらで投稿しましたが、40肩・50肩は肩だけが原因ではなく、

骨盤や股関節、足首に原因があることもあります。

自覚が出来ないと、こういった骨盤や股関節、下半身の歪みやバランスの悪さが顕著になっていき、肩への負担はどんどん蓄積していきます。

そして、肩の負担が限界に達した時に、

「突然、肩が上がらなくなった」

「急に肩が痛くなった」

となるんですね。

どうでしょうか?

40肩・.50肩は突然なるものか?の答えはもうお分かりですよね。

皆さん、普段から身体の危険信号には意識をしっかり向けてくださいね!

もしかしたら、あなたの肩(身体)にはもう前兆がしっかり出ているかもしれませんから!

 

上大岡やまだ接骨院では40肩・50肩など、身体の不調に対して

全身から原因を究明し、適切な施術・指導をさせて頂いております。

横浜市港南区上大岡で整体、接骨院、整骨院をお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

五十肩について

2017年05月9日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です(^_^)

今回のテーマは五十肩です。

五十肩とは?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

五十肩の定義です。
「肩関節周囲炎という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のこと。肩に疼痛(痛み)と運動障害がある、患者の年齢が40歳以降である、明らかな原因がないという3条件を満たすものを五十肩と呼ぶ」(wikipedia)

以前は腱板損傷や石灰沈着性腱板炎なども含まれていたのですが、
最近では原因が明らかなものは含まないとされています。

原因が何か分からないのに肩に炎症が起きているなんて怖いですよね。

じゃーなんで痛いの?と疑問に思われると思いますが、

やまだ接骨院では五十肩の捉え方として、原因が分からないというのは
「画像所見上、筋肉、腱、骨などに異常が無いため、原因が分からない」
と解釈しています。

では実際のところ、どうなのかというと、原因はあると思います。

まず肩の構造をお話ししますね。

古東整形外科より引用

肩の関節は上の図のように青い部分が靱帯になっていて、
さらに周りを筋肉が覆うようにして支えています。

元々、肩の関節は上腕骨に対して、受け皿である肩甲骨の関節面が薄く、
不安定です。

その代わりに骨同士がぶつかる部分が少ないため、可動範囲が広くなっています。

では、五十肩の場合、肩で何が起こっているのかというと、
この上腕骨と肩甲骨の位置関係が崩れている状態にあります。

そのため、靱帯などの肩を補強している組織に負荷が掛かり炎症が起きます。
これがやまだ接骨院では五十肩の原因だと考えています。

もう少し細かく考えると、上腕骨と肩甲骨の位置関係が崩れる原因があります。

一つ目は、肩関節を支えている筋力のバランスが悪くなることです。
前方の筋肉だけ強かったり、後方の筋力だけ弱くなってしまったりしている場合ですね。

二つ目は、股関節や骨盤、背骨などの歪みです。
簡単に言うと姿勢が悪くなってしまうことで、肩関節の位置関係が
崩れることがあります。

もっと細かくありますが、書ききれないのでこれくらいにしておきます。(^^;)

五十肩は「肩関節周囲炎」と呼ばれるように、肩の関節を支えている何かに
炎症が起こっている状態なので、必ず原因があります。

ただそれが、画像上に写らないというだけなので、原因を見極めることが
とても重要になります。

原因を放置しておくと、肩関節はどんどん固まっていき、肩が全く上がらないということも
珍しくありません。

横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院では五十肩を始めとした肩の痛みや制限に対して
原因から適切な施術と指導をさせて頂いております。

五十肩で整体、接骨院、整骨院をお探しの方は上大岡やまだ接骨院まで
ご相談ください。