アキレス腱炎について!~その2~

2017年12月22日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

昨日は午後から高校野球部へ、トレーナー活動してきました。(^O^)

冬はトレーニングをメインに行うことが多いので、トレーニングの正しいやり方、栄養摂取などを指導してきました。

トレーニングで大事なことは、

  • 正しいフォームで行うこと
  • 適切な負荷・重量で行うこと
  • 適切なサイクルで行うこと

サイクルに含まれますが、ここに栄養摂取が入るので、学生の場合はご家族の協力が必須になります。

一人の力では難しいですよね。(>_<)

なるべく手間・費用がかからずにできることをお伝えしました。

選手達には、自分達が心置きなく野球が出来る環境を整えてくれる、両親への感謝を忘れないでほしいですね。

さて、前回の続きで、アキレス腱炎についてです!

(アキレス腱炎について!その1 ↓↓↓↓)
http://yamada-sekkotsu.com/blog/%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%B9%E8%85%B1%E7%82%8E%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%EF%BC%81%EF%BD%9E%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%91%EF%BD%9E/

ふくらはぎの筋肉の違いまでお話したので、今回は予防法についてお話します。(^_^)

 

アキレス腱炎を予防するには?

アキレス腱炎を予防するにはどうしたらいいと思いますか?

ふくらはぎのストレッチ?

よく揉みほぐす?

筋力を強化する?

どれも間違いではありませんが、もう少し細かく考えると、より良い効果が出ます。

 

前回、「腓腹筋」と「ヒラメ筋」の違いについてお話しましたが、「腓腹筋」が原因の場合は膝の動かし方が関与してきます。

一つ、やまだ接骨院に来院された症例を挙げます。

30代 女性 横浜市在住

子供と遊んでいて、その後、アキレス腱に痛みを感じ、歩くのも痛くなり来院。

アキレス腱に腫れがあり、明らかにアキレス腱炎でした。

こちらの患者さん、何が原因かというと「腓腹筋」でした。

なぜ「腓腹筋」と判断したかというと、

  1. 膝を曲げた状態で足首を上に曲げても痛みが無い
  2. ももの前の筋肉を手で押さえて歩くと痛くない

以上が理由です。

膝を曲げた状態にすると「腓腹筋」は緩みますが、「ヒラメ筋」は引っ張られます。
「ヒラメ筋」を引き延ばしても痛みが無いということですね。

また、「ももの前の筋肉」は力を入れると膝を伸ばす働きがあります。
この筋肉を手で押さえると、緩んだ状態になり、膝が伸びにくくなります。

膝が伸びない=膝が曲がる=腓腹筋が緩む

「腓腹筋」が緩んでいる状態では痛みが無いということが確認できます。

まとめると、この場合の予防法(改善)は以下になります。

  1. 腓腹筋ともも前の筋肉を柔らかくする
  2. もも裏の筋肉を強化する

 

原因となる筋肉によって対処法は変わってきます。

アキレス腱さえ、どうにかすれば良いというわけではないので、注意しましょう。

何が原因か分からない時は、いつでも聞いてくださいね(^_^)

 

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院をお探しの方は上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform

アキレス腱炎について!~その1~

2017年12月21日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

先日、ハワイのホノルルマラソンに出場された患者さんから報告受けました!

無事、完走できたとのことでした~~(^-^)

初めてのフルマラソン挑戦で、練習中に肉離れをしてしまった方でしたが、練習&リハビリなど本人が頑張った結果ですね!

心配だったのですが、一安心です。(^^)

足の痛みは出なかったとのことですが、また来院された時に状態をチェックして、アフターケアもしっかり行いたいと思います。

さて、今回はアキレス腱炎についてです。

フルマラソンを走った方は、ふくらはぎの肉離れでしたが、ふくらはぎの筋肉の延長にはアキレス腱があります。

普段からアキレス腱伸ばしすれば予防できるわけではなく、ふくらはぎの筋肉の構成から考えると原因が見えてきますので、

なぜアキレス腱炎になってしまうのか?
どうしたら予防できるのか?

分かりやすくご説明しますね!

アキレス腱炎とは?

アキレス腱は、ふくらはぎの筋肉である「腓腹筋」と「ヒラメ筋」の延長にある腱です。

筋肉

筋肉を中心に見ると上記の順番で骨にくっ付きます。

「腓腹筋」は大腿骨(ももの骨)から、「ヒラメ筋」は脛骨(すねの骨)から始まり、アキレス腱に変わって、踵の骨に付きます。

ふくらはぎの筋肉が縮むことで、踵の骨が上に引っ張られるので、「つま先立ち」が出来ます。

 

なぜアキレス腱炎になってしまうのか?

一つは、アキレス腱に直接何らかの刺激が加わることです。

サッカーなどのスポーツで、人と接触した時にアキレス腱を蹴られてしまう、足に合わない靴を履いていて、アキレス腱の部分が擦れてしまう、などです。

 

もう一つは、アキレス腱に伸縮の負担がかかるからです。

アキレス腱の伸縮の負担とは、ふくらはぎの筋肉を繰り返し使うことです。

筋肉の伸び縮みを繰り返すことで、アキレス腱も繰り返し引っ張られ、炎症を起こします。

ここにポイントがあります。

先にお話したように、ふくらはぎの筋肉には「腓腹筋」と「ヒラメ筋」の2つがあります。

両方ともアキレス腱に移行しますが、スタートが違います。

「腓腹筋」は大腿骨からスタートするので、膝関節を通るため、足首+膝の曲げ伸ばしにも関与します。

「ヒラメ筋」は脛骨からスタートするので、膝関節は通らず、足首の曲げ伸ばしだけです。

※腓腹筋・ヒラメ筋とも、働きは曲げることのみです。

同じアキレス腱炎でも、「腓腹筋」の伸縮で起きるものと「ヒラメ筋」の伸縮で起きるものは原因が違うため、治療内容も変わってきます。

2つを区別せずに改善しようとすると、なかなか痛みが引かず長期化してしまうので、とても重要です。

アキレス腱炎について~その2~に続く

 

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院をお探しの方は上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform