腸脛靭帯炎・ランナーズニー

2017年04月28日

腸脛靭帯炎・ランナーズニー

こんにちは!
港南区上大岡、やまだ接骨院です!

最近多いんです、、

ランナーズニー(腸脛靭帯炎)の患者さん、、

しかも女性が多いですね。

というわけで、今回はランナーズニー(腸脛靭帯炎)についてです。

ランナーズニー(腸脛靭帯炎)とは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読んで字の如くですが、腸脛靭帯に炎症が起きたものを腸脛靭帯炎と言います。

 別名ランナーズニーと呼ばれるように長距離ランナーなど

長く走ったり、歩いたりする人に多いですね。

腸脛靭帯は膝の外側を通ってスネの骨に付きます。

膝の曲げ伸ばしをした時に膝の外側で骨の出っ張りに擦れてしまい、炎症が起きます。

       古東整形外科より引用

膝の外側のほかに、股関節近くのモモの骨(大腿骨)の出っ張り部分でも
擦れやすい部分がありますが、今回は膝のお話しなので、次回にしますね。

・腱が擦れる原因は?

大腿筋膜張筋と大臀筋の一部がこの腸脛靭帯にくっついています。

いきなり、なんだそりゃ?ですよね(^_^;)

お尻の後ろと横の筋肉のことでこの2つが縮むと、腸脛靭帯が引っ張られます。

つまり筋肉としては大腿筋膜張筋と大臀筋の2つがランナーズニーにとても関与します。

ただ筋肉が硬くなったら擦れるわけではなく、片方の筋肉だけ硬くなったりすると

引っ張られ方が不均等になり、擦れやすくなってしまいます。

この筋肉の緊張の差が原因になります。

もう一つの原因として、骨格の問題があります。

腸脛靭帯はモモの外側を通るので、

O脚など、膝が外に出っ張るような足だと、靭帯が骨に擦れやすくなります。

女性に多い理由の一つですね。

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)を防ぐには

二つの筋肉の柔軟性のバランスが取れていること。

膝が外に出っ張るような骨格ではないこと。

この2つが大事です。

やまだ接骨院では筋肉の柔軟性や骨格のバランスを

原因から改善していきます。

腸脛靭帯炎・ランナーズニーなどの膝の痛み・違和感でお悩みの方は
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院までご相談ください!