腰痛に効果的な体操 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年04月18日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は「腰痛に効果的な体操」についてのお話です。

腰痛も原因が色々あるので、これさえやっておけば大丈夫、という様な万能薬的な体操はありませんが、いくつかの体操を状態別にご紹介したいと思います。

 

腰痛に効果的な体操

始めにお話しておきたいことは、腰痛の原因によって、「必要な体操」「やらない方がいい体操」があることです。

テレビでも、「腰痛にはこれさえやれば大丈夫!」みたいな放送の仕方をしている番組もありますが、どの腰痛にも効果的な体操はありません。

テレビで放送してた体操で、腰痛が改善した人は、その人にとって「必要な体操」だったからです。

反対にテレビで放送してた体操で、腰痛が悪化してしまった人もいると思います。

その人の場合は、「やらない方がいい体操」だったわけです。

自分にとって、「必要な体操」「やらない方がいい体操」をある程度、判断できるようにすることが大事なので、状態別にチェック法も含めてお話します。

 

身体の状態のチェック法

身体のバランスを確認する時には、まず、4つの動作を見ます。

  1. 左へ捻じる
  2. 右へ捻じる
  3. 左に傾ける
  4. 右に傾ける

足を床から動かさないようにして、以上の動作を行います。

全体が見える様に鏡の前で行うといいですね。

「捻じる・傾ける」動作を行い、右と左で、やりやすい方、やりにくい方がないかをチェックします。

左右差をチェックしたら、次は状態に合わせた体操です。

 

状態別の体操

身体のバランスをチェックできれば、後は難しくありません。

やりづらい方の動作を大きくしてあげれば良くなります。

捻じりの体操からいきましょう。

  1. ハンドタオルを両手で持ちます。
  2. 足を肩幅に開いて、手を肩の高さまで上げます。
  3. 左右に体を捻じります。
  4. 左右差がある方は、捻じりづらい方を多く行います。
    (例:左10回、右20回)

 

https://www.youtube.com/watch?v=iR8dx2DrMyU&feature=youtu.be

左に捻じりづらい人は、左を多く捻ってください。

勢いよく捻らず、自分の力で捻じれるところまで捻じりましょう。

 

次は傾きの体操です。

  1. ハンドタオルを両手で持ちます。
  2. 足を肩幅に開いて、バンザイします。
  3. 左右に体を傾けます。
  4. 左右差がある方は、傾きづらい方を多く行います。
    (例:左10回、右20回)

https://youtu.be/AU86IRoYK6Y

捻じる体操と同じですね。

腰痛なのに、何で「捻じり」や「傾き」の体操?と思うかもしれませんが、腰痛の原因で多いのは姿勢や動作の左右差です。

体感することが一番早いので、試してみてください。

顔だけ前に向けて、体を左に少し捻じり、そのまま前に前屈してください。

左の腰が張りますよね?

今は一度だけなので、どうってことないと思いますが、この動作を毎日繰り返すとどうなるか想像してください。

左の腰ばかり筋肉が張って、腰痛になります。

だから、「姿勢や動作の左右差」であり、「捻じり」や「傾き」の体操です。

 

腰痛の原因は他にもたくさんあるので、全ての腰痛が解消されるわけではありませんが、体操で腰痛が改善されれば「姿勢や動作の左右差」、改善されなければ他の原因がある、と腰痛の原因の判断になります。

体操でセルフチェックとセルフケアの両方が出来るので、一度試してみてくださいね!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform