手首を捻ると痛い!(>_<) 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年05月28日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回は「手首の痛み」についてのお話です。

「特に捻った覚えもないのに、だんだん手首が痛くなってくる。」

こんな症例があります。

しかも常に痛いわけではなく、捻じる様な動作をすると、たまにズキッと痛みが走るようです。

何が原因かと調べてみると、手首以外に問題がありました。

なぜ手首を捻ると痛いのか?

原因が分かると予防出来るので、上大岡やまだ接骨院に来院されたケースを例にお話します。

手首を捻ると痛い!

早速ですが、症例についてお話します。

・20代 女性 チア 左手首の痛み

チアの練習中に左手首に痛みを感じ、来院されました。

手首を曲げたり、捻ったりすると痛みを感じるけど、常に痛いわけではないとのことでした。

手首の状態を確認すると、確かに捻る・曲げる・伸ばすなどをしてみても、あまり痛みはありませんでした。

では、なぜ手首に痛みを感じるのか?

答えは「肩との連動」です。

 

まず、手首の機能から考えましょう。

手首は「曲げる・伸ばす・捻る」という機能があります。

色々な方向に動かせるんですよね。

これらの機能の中で、特に「捻る」が他の関節との連動します。

 

ちょっと試してみましょう。

肘を90度に曲げて、手のひらを上下に返してみてください。

これが手首の「捻る」動作です。

今度は肘を伸ばして、手のひらを上下に返してください。

これも手首の「捻る」動作ですが、実は手首だけではありません。

腕(肘から肩)を触りながら、捻ってみてください。

腕も少し捻じれていますよね。

肘を伸ばして捻ると、肩を「捻る」動作も含まれるんです。

このように、手首を捻じる時は、肩も一緒に連動させて捻じります。

 

話を戻しますが、チアをされている患者さんは左肩が内側に捻じれていました。

骨盤にも問題があって、左肩だけ内巻きになってしまっていたんですね。

腕を内向きで固定して、手首を返してもらうと痛みがありました。

手のひらを返す動作の時に、肩が連動せず、手首だけで捻っていたため、手首の痛みを感じていたということです。

 

スポーツだけに関わらず、手首を捻る動作は日常生活でよく行う動作です。

ドアノブを回す、買い物袋を手に持つ、お風呂でお湯をかき回す、などたくさんありますよね。

普段から肩の捻じる機能をストレッチ等でケアしておけば、手首を傷めなくて済みます。

チアの患者さんも、ケガを我慢して長期離脱してしまったチームメイトを見て、早めに処置しようと考えたそうです。

手首が痛いから、手首に原因があるとは限りません。

原因からしっかり改善しましょうね!

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform