ヘルニアだから腰が痛い?

2018年01月19日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

久しぶりにまとまった雨が降りましたね~。

ずーっと空気が乾燥していたので、やっと少し潤いました。笑

乾燥すると、のどが痛くなったり、ウイルスも飛びやすくなるので風邪・インフルエンザには要注意です。(>_<)

さて、今回のテーマは「腰のヘルニアについて」です。

腰が痛くなってしまい整形外科に受診すると、レントゲン等の検査で「腰のヘルニア」と診断されることがあります。

つい先日も、やまだ接骨院に「腰のヘルニア」と診断されてから来院された患者さんがいました。

腰の痛みは本当にヘルニアが原因なのか?

やまだ接骨院に来院された患者さんを例にお話します。

ヘルニアだから腰が痛い?

腰が痛くて整形外科に受診し、「ヘルニア」と診断されたら、誰でも腰の痛みはヘルニアが原因なんだな、と考えます。

実際、やまだ接骨院に来院された患者さんも同じように考えていました。

身体の状態を確認して、施術後は痛みが改善しました、と喜んでくださいましたが、

さて、問題はヘルニアが腰痛の原因なら「痛みが改善した」ということは「=ヘルニアが改善した」ということでしょうか?

 

まず、ヘルニアについてお話します。

腰のヘルニアとは正確には「腰椎椎間板ヘルニア」と言います。

 

「腰椎椎間板ヘルニア」の画像検索結果 腰痛オンラインより引用

 

背骨の骨と骨の間にある軟骨を「椎間板」と言います。

椎間板はイカの刺身みたいなもので(本当に)、クッションの役割があるため、背骨からの圧力が高くなると潰れてきます。

全体が潰れるならいいのですが、一部分が潰れると横に飛び出してきます。

この飛び出してしまった状態を「ヘルニア」と呼びます。
(ちなみに脱腸は腸が飛び出すので「腸ヘルニア」と言います。)

飛び出した椎間板が、背骨の中を通る神経に当たってしまうと、痛みや痺れを感じます。

これが「腰のヘルニア」です。

 

腰痛の原因がヘルニアなら、施術によって痛みが無くなるということは、飛び出した椎間板が元の場所に凹んで戻ったのでしょうか?

これには2つの考え方があります。

 

①椎間板の出っ張りが少ない

椎間板があまり出っ張らず、膨らんでいる程度の状態なら、施術による背骨の角度の変化で圧迫は無くなります。

もう一度図を見てみましょう。

この図は髄核という椎間板の中身が、かなり出てしまっている状態です。

「腰椎椎間板ヘルニア」の画像検索結果

ここまで飛び出していると、そう簡単には元の位置には戻りません。

つまり図の状態の場合は、一度の施術でヘルニアが治るとは考えにくいです。

 

②腰痛がヘルニアのせいではない

意外かもしれませんが、この理由が多いと思います。

そもそも腰の痛み自体が「腰のヘルニア」によるものではないということです。

整形外科でヘルニアと診断されると、腰痛の原因はヘルニアなんだと、当然思いますよね。

ただ、ヘルニアは飛び出す方向、飛び出す程度によっては神経に当たらないので、無症状なことはよくあります。

痛みが以前から感じたり感じなかったりという場合は、ヘルニアが原因では無い可能性があります。

ヘルニアを治すのに期間がかかったり、時には手術なんて選択肢もある程なのに、日常生活で椎間板が急に飛び出したり凹んだりするなんて、おかしいですよね?

腰の筋肉や身体のバランス・姿勢など、他の理由で腰が痛いのに、ヘルニアと診断されたら、「原因はヘルニアなんだ」となってしまいます。

 

腰痛には色々な原因があり、複数の要因が重なって腰痛を感じていることもあります。

もちろん、その一つにヘルニアがありますが、決してヘルニアだけが原因とは限りません。

あなたの腰痛の原因が何なのか?を把握して、改善方法を考えましょう。

 

横浜市港南区上大岡で接骨院、整骨院、整体院をお探しの方は上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform