ケガを放置すると、、、 港南区上大岡やまだ接骨院

2018年04月15日

こんにちは!
横浜市港南区上大岡、やまだ接骨院です。(^_^)

今回はケガを放置すると、どんな悪いことが起こるのか?についてお話します。

実際、上大岡やまだ接骨院に来院される患者さんにも

「放置しなければよかった、、、」

と後悔される方がたくさんいます。

なぜ後悔したのか?

具体例を挙げて、お話しますね。

 

ケガを放置すると、、、

捻挫、肉離れ、骨折、打撲、つき指、交通事故のむちうち、などなど

色んなケガがありますが、どれも放置していいことはありません。

なぜケガを放置することが良くないかというと、別のガを誘発するからです。

もちろんケガ自体の回復も悪くなり、長引いてしまうことにもなります。

何となくイメージはできると思いますが、なぜ別のケガを誘発するのか?について、

予防するためには具体的に理屈を理解しておくべきです。

実際に「肉離れ」を放置した結果、膝を痛めてしまったケースを例にお話します。

 

40代 男性 港南区 膝痛

サッカーなど色々なスポーツをされている方で、膝が曲がりにくく、痛みもあるとのことで、上大岡やまだ接骨院に来院されました。

お話を伺うと、これまでも数々のケガをされていたようで、ケガしている状態に慣れてしまっていたそうです。(>_<)

状態を確認すると、膝に腫れがあり、深く曲げると痛みありました。

膝の痛みの原因の一つになっていたのが、「ニーイン・トゥーアウト」という状態です。

「ニーイン・トゥーアウト」とは、膝が内側を向き、つま先が外側を向いている状態です。(上図参照)

骨で説明すると、ももの骨が内向きに捻じれ、すねの骨が外向きに捻じれている状態です。

サッカーやバスケ等の、ステップによる「切り替えし動作」が多いですね。

「ニーイン・トゥーアウト」により、膝が捻じれ、関節に摩擦が起きてしまい、腫れと痛みを感じていました。

普段からサッカーをしている方なので、「ニーイン・トゥーアウト」になっていてもおかしくはないですが、気になったことは、「太ももの裏」の筋肉が「太ももの前」の筋肉と比べて弱くなっていたことです。

お話を伺うと、少し前に「ふくらはぎ」と「太ももの裏」の肉離れをしていたそうです。

太ももの裏の筋肉は「膝を曲げる」機能がありますが、他に「すねの骨を内側に捻じる」機能もあります。

ここで「ニーイン・トゥーアウト」をもう一度ご覧ください。

すねの骨が外向きに捻じれている状態なんです。

「太ももの裏」を肉離れしているので、力が入らず、すねの骨が外向き=「ニーイン・トゥーアウト」を助長していたんですね。

結果、膝に必要以上の負担がかかり、膝まで傷めていました。

ケガを放置すると、こんな「ケガの連鎖」が起きます。

傷めなくていいところまで傷めてしまうので、放置しないで、しっかり完治させましょう。

 

横浜市港南区上大岡・港南中央で接骨院、整骨院、整体、マッサージをお探しの方は、上大岡やまだ接骨院までご相談ください。

スポーツ障害・外傷から、日常的な慢性疲労、交通事故による「むち打ち」など、原因に合わせて改善していきます。

ご予約・お問い合わせはこちらから ↓↓↓↓↓
http://yamada-sekkotsu.com/access/#mailform