膝の痛み

  • 膝の内側が痛い
  • 病院や整骨院で変形していると言われた
  • 階段を上がったり下ったりすることが辛い
  • 膝に水がよく溜まる
  • お皿の周りが痛い

膝が痛くなるのは何で?

膝の痛みと言っても、膝の前が痛い、後ろが痛い、内側が痛い、曲げると痛いなど、たくさんありますよね。

まず、膝の作りについてお話します。
下の図をご覧ください。

膝は「大腿骨」と「脛骨」という骨から構成されており、2つの骨の間が膝関節です。

膝関節は「曲げる・伸ばす」が主な機能です。

しかし、膝を傷めてしまう原因の多くは、膝に「曲げる・伸ばす」以外の動作が加わってしまうことにあります。

具体的に言うと、「捻る」動作です。

例えば、階段を降りる時に痛みを感じている場合、「曲げる・伸ばす」だけなら膝の機能上、何も問題はありません。

しかし、何らかの理由で「捻る」動作が加わると、途端に「曲げ伸ばし」がスムーズに出来なくなり、膝関節を傷めてしまいます。

もちろん、わざと膝を捻じりながら階段を降りる人はいないと思いますので、自然に捻じってしまっている状態です。

膝の屈伸をした時に、つま先の向きに対して、膝が内側や外側を向いたりしている方は膝の痛みの原因となっている可能性が高いです。

※こんな曲げ方だったら要注意です。

上大岡やまだ接骨院の膝の痛みに対する施術の特徴

前述したように、膝には「捻る」動作が加わることで、膝の痛みを引き起こしやすくなってしまいます。

つまり、膝が捻じれる要因を取り除いてあげることが重要になります。

「捻じれる要因」とは意外かもしれませんが、膝関節自体ではありません。

腰、股関節、足首、背中などが要因になります。

やまだ接骨院では、膝の痛みや腫れ等の症状に対する処置と膝に負荷をかける要因に対する施術の両方を行い、根本から改善していきます。

膝が痛いからと言って、必ず膝自体に原因があるとは限りません。

膝に湿布や注射をしても症状が変わらないという方は、一度やまだ接骨院までご相談ください。

※やまだ接骨院公式ブログ(膝痛について) 

http://yamada-sekkotsu.com/blog/category/%E8%86%9D%E7%97%9B/